VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

ドン・チードル版キャプテン・プラネット

昨日のプラネティーナ絡みで。

元ネタとなったキャプテン・プラネットといえばドン・チードルがかなり前に実写版やってましたよね。

今ちょっと調べたら CBR とかで最早クラシック作品扱いされててちょっと笑いました。


キャプテン・プラネットは1990年代に米国で放映されていた環境保護啓蒙系カートゥーン CAPTAIN PLANET AND THE PLANETEERS という作品に登場するスーパーヒーローです。

「地」「火」「風」「水」「心」の指輪をそれぞれ所有する5人の子供達の召喚に応じて出現し、超人的な能力で環境破壊を行う悪人達をとっちめるという内容です。


チードルが登場するのは FUNNY OR DIE というところが作ったこの作品のパロディ。

youtube とかで”CAPTAIN PLANET DON CHEADLE” 、あるいは単に” CAPTAIN PLANET ”と検索するだけでもトップか2番目くらいに出てきます。


ドン・チードルが扮するキャプテン・プラネットがエコテロリスト化。

環境破壊を行う業者のみならず、そこらへんを歩いている一般人とかまで次々と木に変え始めて世界を支配してしまうというスナイダーバースも真っ青な内容。


まあ、ブラックコメディなんですが、話の筋はめっちゃしっかりしてます。


開始30秒でヤバさが滲み出してから最後の最後まで笑えない笑いで顔が引きつりっぱなしになること間違いなし。


人間を木に変えてしまうビームを出す時のポーズがいちいちわざとらしくて清々しい。


監視社会を築き上げ、少しでも反抗の兆しか環境破壊に繋がる行為が見つかれば即樹木化。

生き残って従僕と成り下がっていた子供の1人も勇気を振り絞って説得するも、心臓をアーティチョークに変えられてしまうという。


大丈夫!ハッピーエンド(?)で終わりますよ!


控えめにいってきわどいギャグが多めですが、4本+メイキングで大体20分かそこらなので時間がある時にでも。



…というか、これ作られたの2011年だけれど、この時既にチードル『アイアンマン2』に出てたんですよね。

ギリギリ MCU が本格始動する前だったから可能だったんかな。


あと、さっき改めて見直したらリンカ役(「風」の指輪を所有するソ連出身の少女)ってギリアン・ジェイコブスじゃないですか。

昨日のプラネティーナの声もアリソン・ブリーだったし、 COMMUNITY 成分多めでわけもなく嬉しい。


以上。