VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

LEAP OF FAITH 2021/6/21

ご無沙汰してます。

今週刊行予定の新作注目作を紹介する週間コラム LEAP OF FAITH のお時間です!

今週紹介するのは6作品。

人気シリーズの新章や珠玉の短編を集めたアンソロジーなど、注目作が揃ってます!

それでは早速いってみましょう。

(タイトルのリンクは各出版社等の紹介ページに繋がっています)


BLACK HAMMER REBORN #1 ( DARK HORSE )

ジェフ・レミーアがスーパーヒーロー達の”その後”を描いた人気シリーズ BLACK HAMMER の新章。  

前作の事件が解決し、世界に平和がもたらされてから20年近く。

先代だった父の跡を継ぎ、新ブラックハンマーとして覚醒した筈のルーシーですが、何らかの理由により長らくヒーロー活動を休止。

家庭も崩壊しつつある中、彼女の前に新たな脅威が出現します。

ライターは引き続きレミーアですが、前シリーズからアーティストが変わり、新たにケイトリン・ヤースキーという方が手掛けます。

ブラック・ハンマーの世界にはこれまで本編に登場してこなかったスカルディガーなどのキャラクターが既にスピンオフで活躍しており、彼らもこの新シリーズに登場予定。

新たな物語がどんな方向へ進むのか期待大です。

BATMAN REPTILIAN #1 ( DC )

DC の大人向けレーベル BLACK LABEL から、 ガース・エニスが描くバットマンのミニシリーズが刊行開始。

そもそもエニスがパニッシャー以外の既存スーパーヒーローを取り上げることも珍しい。

ゴッサムのヴィラン達を襲撃する謎の存在にバットマンが立ち向かうというあらすじになるとか。

副題の REPTILIAN ということからキラー・クロックあたりが絡んでくるかと当初予想してましたが、あるいは新キャラ・・・?

何にせよ、エニスの描くバットマンがどのように描かれるのか楽しみです。

また、本作でアートを担当するリアム・シャープは先日までグラント・モリスンと共にグリーン・ランタンを手掛けていた方。

変幻自在の画風が本作でも見られるのかこちらも楽しみです。

CHECKMATE #1 ( DC )

DC ユニバースの裏で暗躍する組織リヴァイアサンに立ち向かうべく、グリーンアローが秘密裏に結成した新チェックメイトの活躍を描く新シリーズ。

メインクリエイター陣は MARVEL KNIGHTS でデアデビルの新時代を築き上げるなど数多くのヒット作を生み出した名タッグ、ブライアン・マイケル・ベンディス&アレックス・マリーヴ

本シリーズの前日譚である EVENT LEVIATHAN と同じ面子です。

ベンディスのライティング全般については賛否こそあるものの、ことクライム物やスパイ物といったジャンルについては信頼できると思います。

メンバーもグリーンアローにMr.キング、ロイス・レーン、ロビン、タリア・アルグール、クエスチョン、スティーブ・トレヴァー、ボーンズと期待するしかない編成。

何気にマストバイです。

WONDER WOMAN BLACK & GOLD #1 ( DC )

様々なクリエイターが特定のヒーローと色の組み合わせをモチーフにした短編を寄稿するアンソロジー。

BATMAN BLACK & WHITE 、 SUPERMAN RED & BLUE に続き、本シリーズではワンダーウーマンに金色と黒色という組み合わせです。

#1では B.P.R.D. シリーズのジョン・アルクーディの作品や、 ROCKET GIRL や MOON GIRL などで知られるエイミー・リーダーらの作品が収録されています。

こうしたアンソロジーは新進気鋭のクリエイターから往年の巨匠までが同列に参加する才能の総合商社みたいなところがあります。

ちょっと新しいアートに出会いたい、これまで試したことのないライターの作品に触れてみたいなどという方はこうした作品に手を出してみると思わぬ発見があったりしますよ。

SPAWN’S UNIVERSE #1 ( IMAGE )

トッド・マクファーレンによるダークヒーローサーガ、スポーンが新章突入。

7月からメインタイトルの他、3つのスピンオフが刊行されるということで、本作はそのプロローグを描くワンショットとなります。

スポーンは一時人気が下火になっていたものの、ここ2010年代以降に再び盛り上がってきた印象です。

オリジナル作品にとってスピンオフは読む順をわかりにくくしてしまう可能性があるということでやや博打な印象もありますが…。

ある意味、スポーンほどの人気タイトルだからこそ打って出ることができた賭けといったところでしょう。

既にイメージでは今世紀トップの注文数になっているとか。

スポーンが好きな人はもちろんのこと、これを機会に読み始めてみようという方にもマストバイです。

MARVEL'S VOICES PRIDE #1 ( MARVEL )

先日 DC でもプライド月間に併せてアンソロジーのワンショットが刊行されましたが、マーベルも同様に刊行。

LGBTQ+ なキャラクターにスポットライトを当てた1冊です。

キーロン・ギレンクリス・アンカといったクリエイターが参加する計12篇が収録されており、アイスマンやブラックキャットといった人気キャラから、夢を操る能力を持つ”ソムナス”という新キャラまで登場します。

特に注目したいのはジム・チュンアラン・ハインバーグが手掛けるウィカンとハルクリングの短編。

YOUNG AVENGERS の生みの親であるタッグが送る物語…何かあるかも?



今週は DC やマーベルといった大手やスポーンなどの人気フランチャイズに大きな動きが見られる週となりそうです。

ちょっと離れていたシリーズやキャラクターがあれば、よりを戻す良い機会かもしれませんよ。

気になる作品があれば是非是非手に入れてみてください!


それでは本日も良いコミックライフを。


前回の LEAP OF FAITH

www.visbul.com