VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

LEAP OF FAITH 2021/5/24


今週刊行予定の新作注目作をピックアップしてお届けする週間コラム LEAP OF FAITH

今週紹介するのは7作品。

DC が攻勢に出ている印象です。

それでは早速いってみましょう。

リンクは出版社等の作品紹介ページに繋がっています。

MILESTONE RETURNS INFINITE EDITION #0 ( DC )

スタティックハードウェアアイコン&ロケットなどアフリカ系ヒーローを中心としたスーパーヒーロー世界、通称”マイルストーン・ユニバース”。

90年代に一世を風靡した世界観が度重なる延期を経て遂に復活。

プロローグとなるこの冊子では、米国で近年大きなうねりを見せている BLM 運動なども取り込み、警察の暴力事件に端を発する新たな物語の序章を描くそう。

その他にも初期設定資料なども収録されているとか。

デニス・コーワンをはじめとしたオリジナルクリエイターも数多く参加しているので是非これを機会にマイルストーン・ユニバースをトライしてみて下さい。

MISTER MIRACLE THE SOURCE OF FREEDOM #1 ( DC )

DC ユニバースの”ありえたかもしれない未来”を描いたラインナップ FUTURE STATE からスピンアウトした新作。

スコット・フリーの後を継いだ新ミスター・ミラクルことシロ・ノーマン

スーパーヒーローとしても脱出アーティストとしてもかつて順風満帆だった彼の前に新たなパフォーマーが出現することに端を発し、新たな事件が幕を空けます。

ミスター・ミラクルといえば、これまでグラント・モリスンやトム・キングなどのシリーズがかなり評価されただけに、クリエイターのプレッシャーはかなり大きい筈。

単なるスーパーヒーロー物に留まらない独自の要素を取り入れて頑張って欲しいところです。

STARGIRL SPRING BREAK SPECIAL #1 ( DC )

実写ドラマ化も好調な DC ユニバースの魔法少女ことスターガールが主人公のワンショット新作。

春休みを迎えたコートニー・ウィットモアがゴールデンエイジを中心に活躍したチーム、セブン・ソルジャーズ・オブ・ヴィクトリーと出会います。

個人的にはスターガールもセブン・ソルジャーズも好きなのでかなり期待しています。

ライティングを手がけるのはもちろん彼女の生みの親でもあるジェフ・ジョーンズです。

スターガールについては以下の記事もどうぞ。

https://www.visbul.com/entry/stargirlwww.visbul.com


SPAWN #318 ( IMAGE )

トッド・マクファーレンによるダークヒーロー、スポーンの物語が大きな転換点を迎える1冊。

スポーンについては来月以降 SPAWN'S UNIVERSE #1 というワンショットを刊行した後、数冊のスピンオフ作品を刊行すると発表しています。

今号はそのプロローグとなる1冊の模様。

スポーンのファンはもちろんのこと、スポーンにこれまで挑戦したことがないという方も、これを良い機会に挑戦してみるのもありかと思います。

REPTIL #1 ( MARVEL )

マーベルのティーンヒーロー、レプティルが主人公の新作。

胸に埋め込まれた化石アミュレットの力で体の一部を恐竜など古生物のものに変えて闘う青年フンバート・ロペス

ヒーロー活動を一時休止して家族の問題に向き合おうとする彼が直面する新たな危機を描きます。

BLUE FLAME #1 ( VAULT )

ある時はコズミック・ヒーロー、ある時はDIY装備で闘うヴィジランテ、そしてある時は修繕工のブルーカラーでもある”ブルーフレイム”ことサム・ブラウサム

銀河の法廷で地球人類が救うに足る存在であることを証明しなくてはならなくなった彼が、一方で自分のプライベート問題も解決しなくてはならなくなり・・・というあらすじ。

ライターのクリストファー・キャントウェルは映像方面出身の方で、近年はマーベルなどで活躍の場を広げている人物。

ヒーローの二重生活をテーマにした物語はよくありますが、彼なりのオリジナリティをどう加えていくのか注目です。

ZIG ZAG #1 ( FANTAGRAPHICS )

英国出身のカートゥニスト、ウィル・スウィーニーが送るワンショット。

異星の菌から生まれた存在が操る機械エージェント、ジグザグ

そのジグザグが大いなる脅威から異次元世界を救うべく奔走するという物語。

ぱっと見だいぶ詰め込んだな−という印象ですが、こういうの嫌いじゃないです。




今週は新作こそ少なめな印象ですが、一方で有名シリーズの新展開や、長らくご無沙汰していたキャラクターや世界観の復活、それに興味を唆られる新作など非常にバラエティに富んでいてかなり豪華な週です。

紹介した作品もワンショットが多めで手に取りやすいかと思います。

是非少しでも面白そうだなと思った作品があれば試してみて下さい。


それでは本日も良いコミックライフを。