VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

LEAP OF FAITH 2021/6/28

ご無沙汰しています。

今週刊行予定の作品からおすすめ作を紹介するコラム LEAP OF FAITH です。


今週は月の第5週ということで、出版社もスケジュールの都合上そんなに新作を刊行しない傾向にあり、紹介するのもやや少なめの5作品となります。

それでは早速いってみましょう。

GREEN ARROW 80TH ANNIVERSARY 100-PAGE SUPER SPECTACULAR #1 ( DC )

グリーン・アローのデビュー80周年を記念して刊行される100ページのワンショット。

GA に関わったことのあるジェフ・レミーアマイク・グレル、あるいは今をときめくラム V マリコ・タマキなど、様々なクリエイターの短編などが収録される予定です。

グリーン・アローといえば色んな意味で振り幅の大きいキャラクターとして知られており、とんでもトリックアローを使っているかと思ったら、殺人をも厭わぬ過激な社会派ヴィジランテになったり。

元から人気の高いキャラクターですが、最近はとりわけ実写ドラマの影響でファンが増加しています。

今回のワンショットではオリバー・クイーンはもちろんのこと、その脇を固めるスピーディやブラック・カナリーといった面々もフィーチャーされる予定です。


GODZILLA RIVALS VS HEDORAH #1 ( IDW )

NETFLIX のアニメ版なども話題になっているゴジラの新作。

ゴジラが様々な怪獣たちと闘う VS 形式のワンショットを連続刊行。

その幕開けとなる本作は VS ヘドラです。

ゴジラとヘドラの戦いがマンハッタンに迫る中、とある男性が人間側の陰謀に巻き込まれていくというあらすじになるとか。

IDW から刊行されているゴジラ作品は GODZILLA IN HELL などもそうですが、中々意欲的な作品が多い印象です。

本作は見た感じ直球のゴジラですが、怪獣のセレクトが渋いというかなんだか拘りを感じます。

思わぬ面白さが待ち受けているかもしれません。

UNITED STATES OF CAPTAIN AMERICA #1 ( MARVEL )

マーベルからキャプテン・アメリカのミニシリーズ。

キャップのシンボルともいうべきシールドが何者かに奪われたことに端を発し、スティーブ・ロジャーズとサム・ウィルソンが全米中を奔走。

その中で彼らにインスパイアされた様々な出自の”キャプテン・アメリカ”と出会うという物語です。

同性愛者やフィリピノ系など多様な”キャプテン・アメリカ”が登場することで刊行前から業界内外をざわつかせている本ですが、個人的には面白い試みだと思います。

黒人スーパーマンの映像化に関する話題が出た時も思いましたがあまり「このヒーローはこうでないと」という固定概念に囚われてもぶっちゃけあまり良いことはありません(アメコミの場合は特に)。

おおらかな気持ちで本作のような作品も楽しむのが吉です。

DARLING #1 ( SOURCE POINT )

8歳の少女の誘拐事件にニューヨーク中が震撼する中、1人の男が薬物売買の陰謀に巻き込まれてくというサスペンス作品。

正直ライターもクリエイターも今回初めて目にする名前。

アーティストのデイヴ・ミムズという方はイラストサイトなどに乗っけてる絵を見る限り、初期はかなりエッジの効いた個性的な絵を描いていた模様。

現在もその片鱗が残っており、リアル調ともカートゥーン調ともつかない面白い絵を描く人物です。

博打ではあるものの、案外こういうところに未来のスターが潜んでいたりします。

アート方面に興味がある方は是非チェックしてみて下さい。

NIGHTMARES OF PROVIDENCE #1 ( AVATAR )

アラン・ムーアの最高傑作との呼び声も高い PROVIDENCE

近日シリーズを1冊にまとめた単行本が刊行されるのにあたり、様々なアーティストが本作にインスパイアされたイラストを描いたものを収録した1冊です。

出版社の紹介文を見る限りでは基本的にイラストのみでコミックは収録されない模様。

単行本が出るまで待ちきれないという方などは、本作を眺めながら刊行を待つというのも良いかもしれません。

ただちょっと気になるのは同じ紹介文にシリーズのメインアーティストだったジェイセン・バロウズの名が見当たらないところ…。



以上、今週の5作品でした。

先週と比べるといぶし銀なラインナップですが、意外と後々まで残る名作というのはこういうところから出てきたりするので要チェックです。

もし今週は欲しいものがないという方も、そういう時はこれまで買い逃した過去作をぽぽぽんと揃えてしまうチャンス。

是非是非気になる作品を手に取って見てください。


最近サイトの中身をごちゃごちゃ変えていてご不便をおかけしており恐縮です。

今後もウガチャカ動くことがあるかと思いますが何卒よろしくお願いいたします。


前回の LEAP OF FAITH

www.visbul.com