VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

モリソンとバットマン

昨日のぐだぐだから今日のこれで恐縮なんですが、バットマンとグラント・モリソンの話が出たからついでに。

以前どこかで「バットマンのパワーインフレはモリソンが引き起こした」みたいな言説を目にしたことがありまして。

詳しい説明を読まずにスルーして、後から見直そうと思ったら既にどこで見たのかわからなくなってしまって、以来ずっと自分の中でもやもやした議題となっています。


確かにある時点までのバットマンって他のヒーローから一目置かれている存在ではあるものの、他の特殊能力を持った超人たちよりは活躍が地味というかあくまでストリートヴィジランテなんですよね。

モリソンが JLA を手掛ける直前の JUSTICE LEAGUE INTERNATIONAL とか読んでも積極的に戦闘に参加するよりは参謀役か裏方的な役割が主だし。

DARK KNIGHT RETURNS とかでは確かにスーパーマンとタイマン張れる存在として描かれているものの、そのメソッドはだまし討ちに戦車からの狙撃にとかなり泥臭く乱暴。

使ってるガジェットとかも割と常識的なものが多く(一部例外あり)、 SF に腰まで浸かった今とはかなり様相が異なる印象があります。

今みたいな忍者性(?)を著しく帯びてワンダーウーマンやフラッシュと比べても遜色ない戦闘力を帯びたのがモリソンの JLA からだと言われたらそんな気がしなくもない。


……とぐだぐだ論じたところで自分はそこまでバットマンに詳しいわけでもないので未だに真偽はよくわからないのというのが正直なところです。

なんならモリソンより続く JLA の連載で TOWER OF BABEL やったマーク・ウェイドも容疑者だし。


わかったから何?というわけじゃないんですが、ずっと気になっている話題です。