VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

BREATHERS 単行本化

先日の HELLBLAZER: SYSTEMS OF CONTROL に関する記事で、本書について「元々発行部数が少なかったところにパンデミックものだからあっという間に捌けてしまったのではないか」という憶測(妄想?)を書いたんですが。

その際、似たように「パンデミックものであっという間に捌けてしまった?」作品として頭の中にあったのがジャスティン・マッドソンという方が手掛けた BREATHERS という作品。

空気が侵され誰もが専用のエアフィルター付きマスクを付けなければ外出できない時代を舞台にした群像劇なんですが、作中世界がタイミング的に驚くほど当時の世相とマッチしてまして。

貧困にあえぐ親子とか、フィルターに薬物を仕込んでハイになるジャンキーとかが描かれていてすごく読み応えがある作品だったんですが、自分が使っていたネットショップだと発売開始したら速攻で売り切れたんですよ。

勿論、これは「パンデミックものだから」という理由以外にもかなり小規模な出版社による刊行だったから元々部数が少なかったからというのも考えられるんですが(むしろこっちの方が正しそう)、なんにせよ自分は序盤で入手できなくなってしまったので非常に歯がゆい思いをしていたんですが。

以下のリンクはダークホースの公式サイトからの記事。

www.darkhorse.com

やってくれてました、ダークホースさん。

かゆいところに手が届くダークホースさん。

単行本ですよ。

最近出てきた近刊リスト覗いて気づきました。

これは手に入れるしかないですわ。