VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

BATMAN/SPAWN

SDCC で発表された目玉作 BATMAN/SPAWN に関する情報が本格的に出てきたようで。

以下のリンクは DC 公式サイトからの予告記事。

www.dc.com

DC を代表する世界的キャラクターの1人であるバットマンと、オリジナル作品として30年以上の歴史を誇り今なおその人気の衰えを知らないスポーン。

どちらをとっても化け物みたいな2人のキャラクターがクロスオーバーするワンショットが12月に刊行。

ライターは当然トッド・マクファーレン。

ペンシラーはスポーンとバットマン両方に10年近くずつ携わってきたグレッグ・カプロ(改めて書くとすげえなこの人……)。

DC からの予告には他のクリエイター陣の名前は書かれていませんが(書けよ)、カバー画像のクレジットを見る限りカラーはデイブ・マッケイグ。

この面子ならインクは多分ジョナサン・グラピオンかと思います。

本作のヴィランも”梟の法廷”と判明し、権謀術数を用いてスポーンとバットマンを衝突させようとするアウルズを相手に2人がどのような活躍を見せてくれるのかが楽しみです。

ちなみにバットマンとスポーンの共演は今回が初めてではなく今回で3回目となるのですが、本作の刊行に先立ち過去2回のクロスオーバーをまとめた単行本が11月に刊行されるそう。

今年最後の打ち上げ花火となるか。