VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

DC's YOUNG ANIMAL

そういや昨日話に出たんで。

DC の YOUNG ANIMAL 、今ウィキで調べたら正しくは DC's YOUNG ANIMAL というレーベル名らしいです。

人気バンドマイ・ケミカル・ロマンスのボーカルにして UMBRELLA ACADYMY のライターとして注目を浴びたジェラルド・ウェイが監修するラインナップで2016年に作られたこのレーベル。

始まった時は DOOM PATROL や SHADE THE CHANGING GIRL など、 DC ユニバースとの繋がりを薄っすら感じつつも独自の界隈を開拓する初期の VERTIGO レーベルを彷彿とさせるようなラインナップで結構ワクワクしてたんですが、あんま勢い出せなかったというか。

一応去年終了した FAR SECTOR までは続いてたみたいなんですが、それきり現在まで作品が出ていないので事実上閉鎖したものと思われます。

個人的に主な敗因としては1)レーベルの筆頭格だった DOOM PATROL の度重なる休載と、2)プロモーションの不足、あと3) MILK WARS なんかが挙げられるんじゃないかと。

MILK WARS は YA デビュー時に刊行された4タイトルとジャスティス・リーグを巻き込んだクロスオーバーイベントだったんですが、色々と微妙だったというか。

各タイトルを巻き込むことで読者が離れるリスクを冒してまで敢行する意義があったかと言うとちょっと疑問。

少なくとも自分は YA 初期4タイトルは全部読んでたんですが、 MILK WARS で興が削がれてしまい途中脱落、それぞれの続編タイトルはどれも追いませんでした。

その後も昨日話した BUG! とか FAR SECTOR とか高い評価を受ける作品をポコポコ出してたんですが、やっぱり勢いを取り戻すことはできなかったので勿体ない印象の残るレーベルです。