VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

画像生成 AI について

画像生成 AI が SNS で色々と話題になっているようで。

海外コミック勢としては絵柄を指定してストーリーを打ち込むだけで AI にコマを自動生成させて、それを並べて作品を作るようなライターが実験的な形で登場するのかもな、と思ったり。

そうした時に概要を大雑把に記したマーベルスタイルの脚本と、セリフからコマ割りまで割と細かく指定してくる DC スタイルと、どっちが有効なのかということはちょっと気になりますね。

アラン・ムーアみたいに細かく細かく指定してくるようなのとは相性悪そうな気がしなくもない。


ただこの技術がツールとしてどこまで普及するかは未知数と言うか。

デジタルペイントツールがどれだけ普及してもペンとインクを使うアーティストが相変わらずいるように、世間で騒がれているような「クリエイターの淘汰」みたいな状態にまでは中々至らないんじゃないかなとは個人的に思います。

むしろ良い感じに取り込んで新しい画風を生み出す可能性の方があるんじゃないんですかね。

以前、チェスか何かの研究で人間だけ人工知能だけより人間と人工知能が共同でやった方が優秀な成績が取れるという結果が出たみたいな話あった気がしますし。