VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

ジャック・カービィ

そういや今朝知らないでジャック・カービィの名前を出したんですが、昨日8月28日は彼の誕生日だったようで。

1917年生まれということなので今年で生誕105年ということになります。

改めて考えると1世紀以上前に生まれた人の手で描かれたキャラクターが現在も誌面やスクリーンで活躍しまくってるって意味わかんねえな…と思います。

時代がようやくカービィに追いついたということなのかもしれません。

真の巨匠ですよ、あの人は。

個人的に一番好きなのはやっぱりフォース・ワールド・サーガですかね。

なんだかんだあのあたりが一番やりたいことをやりたいようにやっていたように思います。

次いで OMAC とかもお気に入りです。

他方で彼が様々な形で不遇の扱いを受けていたことも忘れるべきではなく。

出版社の創造的経済的搾取の話とか、彼が直面した業界の問題の多くは今もなお解決されていません。

ファン、クリエイターに関わらず米国コミック業界に何らかの形で関わっているならば、彼の作品のみならずこういう種々の課題にも今後対峙していかなければならないと思います。

そのためにも今日は彼の作品を読み、そこに遺されたメッセージを受け止める日なのかもしれません。

ジャック・カービィ、1日遅れで恐縮ですがお誕生日おめでとうございます。