VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

BLEEDING COOL の偽サイト

注意喚起の意味も含めて。

このサイトでもしょっちゅうネタ元としている海外コミック系情報サイト BLEEDING COOL 。

ジャーナリストのリッチ・ジョンストンが設立し、現在はコミック出版社のアバターの下で運営されているウェブサイトです。

ついさっきも新しいネタを探して色々ググってカチカチしてたんですが、 BLEEDING COOL の記事だと思ってクリックしたらウイルス対策ソフトから偽サイトか確認するよう警告を受けまして。

アドレスバー見たら BLEEDINGCOOL.COM の”C”が”F”になってまして。

”クール” じゃなくて ”フール” になっているという(サイト名書くのもなんかアレなので敢えて明記しないようにしています)。


サイト名もそうならロゴもそっくりなこのサイト。

どうも件のコミックスゲート系サイトらしいです。

SNS で調べた範囲の知識なんで(ググってもちゃんとした解説上がってこない)断定的なことは書けないんですが、確かに SNS のアカウント見ても "WOKE" とか "LEFTIST" といった単語が並んでいるし、リツイートしているのも割とそっち系のコメントばかりなのでまあそういう論調のサイトなようです。

BLEEDING COOL も世間的には賛否両論あるのは承知していますが、記事の内容は下手なジャーナリズムサイトより余程ちゃんとしているし、ネタバレなど含め比較的配慮のあるサイトだと思っているため(最近はサイト重いのが難ですが)相変わらず重宝させてもらっているだけに、こういうあからさまな偽サイトが出てきてしまうのは残念だし、何よりこれを間違って踏んでしまった自分も憎らしい……。

そんなわけでせめてネタにはなってもらおうと記事を書いた次第です。

皆様もこういうサイトにはお気をつけ下さいますよう。

あ、コミックスゲートについてはこちらの記事で解説してます。
少し情報が古くなってきてるんですが、参考までに。
www.visbul.com