VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

ベンディス

いつの間にか DC からダークホースに移ってたんですね( NAOMI とか一部連載はまだやっているみたいですが)。

あちこちポンポン移りすぎて追いきれなくなってきた…。

クリエイターがより良い環境を求めてプラットフォームを渡り歩くのはカチコチに凝り固まった業界を刺激する効果もあるんで必ずしも悪いことではないんですが、他方でその度に過去作の単行本を VOL.1 からやり直されると一読者としては悩ましいところもあるというか……。

ちゃんとシリーズが全て出揃うまで買うのを待っていたりすると、最終巻が刊行される頃には最初の方が入手困難になっているとか割とよくある話なんですよね。


まあ、でも DC も最近ワーナーと AT&T の合併吸収で騒々しいし、下手に人事のドタバタに巻き込まれて自由に話作れなくなるよりはダークホースみたいなところで好きに話作ってくれた方があの人の場合は良いと思います。

実際、最近発表した THE ONES も中々面白そうだし。

以下のリンクは IGN からの記事。

www.ign.com

それぞれの世界における中心的存在として活躍する ”THE ONE” 達が、実はマルチバース全体の中では真実の ”THE ONE” から派生しただけの存在だと知り…という、どこぞの蜘蛛バースを意識していそうな内容。

あれ、確か映画の方の脚本にもベンディス関わってましたよね……?


ベンディスは良くも悪くもマーベルとか DC みたいな制限あるところよりある程度自由にできるところの方が遥かに活躍できる人物なのでダークホースでどんどんこういうの……

……と、ここまで書いてて気づいたんですが、だいぶ前に #1 だけ購入したベンディスの JOY OPERATIONS 、普通にダークホースから刊行されてましたわ。