VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

BATMAN/THE JOKER: THE DEADLY DUO

遂に刊行です。

以下のリンクは THE BEAT の記事より。

www.comicsbeat.com

マーク・シルヴェストリがバットマンをやるという話はもう何年も前に発表されており、以来数年ごとに途中経過みたいのが発表されてはファンを沸かせていましたが、一方で「本当に出るのか…?」みたいなところもあってやきもきさせていたというのも事実。

まずはやったー!!

あらすじとしてはハーレイを拐かされたジョーカーと、行方不明になったゴードンを探すバットマンが、ジョーカー気取りの首切り怪物ども(複数形)を相手にタッグを組むという話みたい。

実にシルヴェストリっぽいエッジの効いたホラーサスペンスになりそうです。

シルヴェストリといえば、結構前にジェイソン・アーロンとやったハルクで腕負傷のため途中降板という災難にも見舞われていたのでちょっとアートも心配してたんですが、プレビュー見た限りだとかなりいい感じ、というかむしろレベルが上ってるなー、という印象。

(どっかで「全部完成してから刊行する」みたいな話があった筈なので今回途中で打ち切りとかになる心配はない筈)

シルヴェストリの描くキャラクターのアクションって体の中に独特の”バネ”があって好きなんですよね。

なんていうか勢いと重量感がしっかり備わっている感じ。

シルヴェストリがバットマンを描くのは96年の BATMAN: BLACK AND WHITE 以来、ほぼ四半世紀ぶりという話なので先にそちらをチェックしてみるのもありかもしれません。