VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

クレイトン・クレイン

現在ブラックフラッグのヴァリアントカバー問題の渦中にいるアーティストのクレイトン・クレイン。

ブラックフラッグに関する説明は面倒なのでひとまず置いておくとして、クレイン自体は良いアーティストなのでなんとか切り抜けて軌道修正してほしいです。

正直なところやや泥臭い絵柄が現時点であまり自分の好みではないのですが、色使いや構図に独特の魅力があるのは事実ですし、今はアレでも今後好きになる可能性がなきにしもあらずという感じなので。

将来的にクリス・バチャロみたいなポジションに収まりそうな雰囲気はあります。

ブラックフラッグの件については本人がどの程度関与しているかイマイチわからないのですが、オリジナル新作も出すと聞くし、下手な話題で注目を集めなくても十分実力があると思うのでさっさと事態を沈静化する方向へ動いてくれればと思います。

ただ、ここ数日の動きをみるからに少なくとも火に油を注ぐタイプではなさそうなので個人的にはあまり心配していません。