VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

蓋を開けてみたら

至極穏当なもので良くも悪くも肩透かしを食らったわけですが。

以下のリンクは DC 公式サイトからの発表。

www.dccomics.com

散々「死ぬのはクラークかジョンか!?」みたいなことを喧々諤々やってたら「30周年記念本だよー」って。

……いや、本当にこれならどうして SDCC で発表しなかった!?

でもこれクリエイター陣すっごいいいな!!

と、私も情緒が乱気流に呑まれました形です、はい。

今回ちょっと注目ポイントとなっているのは現行の世界観に併せてジョンが含まれる話が収録されるということで、後年ドゥームブレイカーという(ジョンが命名)新たな脅威がメトロポリスに迫る中、かつて父が死亡した(?)事件について聞かされた彼がどう受け止めるかみたいにな内容になるとか。

……ん?この内容 REBIRTH とかでやんなかったか?

まあ、いいや。

ガーディアンも登場するみたいだし(多分ブースターも)、何よりジューゲンスのライティングにオードウェイのペンシルなら十分唆られます。