VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

なんだかんだ

ダン・ディディオがいなくなったのはでかいなあ、とここ最近の DC を見ながら。

確かに彼の急進的な姿勢だけを見ると悪い側面にばかり目が行きがちですが、だからこそあれは保守的なジェフ・ジョーンズや中間的(90年代的という意味で中立ではない)なジム・リーとの三頭政治でそこそこ上手くいっていたわけで。

それに少なくともディディオは DC ユニバースというか DC から出しているラインナップ全体を見渡す視界の広さを持っていました(急進的な態度自体その視界の広さ故だし)。

今の DC 全体を統括しているのかジム・リーなのか別の人間なのかはよくわからないんですが、さっきのスーパーマンのツイート含めちょっと全体像を捉えられてないんじゃないかな、と疑いを持ってしまいます。

……とはいえ、ディディオが去ってから風通しが良くなって全体的な作品のクオリティが上がった印象もあるので彼を肯定し過ぎるのも考えものなんですよねえ。