VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

ヴィンディケイターズ(+ SDCC の映像界隈)

アダルトスイムが RICK AND MORTY 第3シーズン4話に登場したスーパーヒーローチーム、ヴィンディケイターズを元にしたスピンオフ作品 VINDICATORS 2 を連作ビデオ×10の形でユーチューブ上に公開しました。

以下の youtube 動画はその第1話。

youtu.be

あからさまにマーベルや DC に中指を立てているこの作品の公開を SDCC のタイミングにぶち当ててきたのはいかにもこの番組らしいな、というか。

R&M でジャスティン・ロイランドと一緒に指揮を取っているダン・ハーモンはスーパーヒーローものが苦手であることを度々公言しており、その姿勢は R&M のみならず過去に手掛けた COMMUNITY などのドラマにも反映されています。

どこかでハーモンはこのヴィンディケイターズのエピソードにあまり良い思いを抱いていないという話も聞いていたので今回のスピンオフが出てきたのは意外っちゃ意外なんですが、まあ彼なりのブラックジョークかもしれません。

(そもそも嫌いだと公言しているのに反して自身も過去にスーパーヒーローものっぽいコミックをライティングしているので実際のところどう思っているのかはよくわからないんですが)
(ルッソ兄弟が MCU に採用されるきっかけ作ったのも COMMUNITY だし)

以下、ついでに SDCC で発表された映像方面の情報などについて個人的な感想を箇条書き。

予告編にネタバレ(?)も何もあるか知らないんですが、その内容に言及するのでまだ観てない人は以下読む前に観ることをおすすめします。

・相変わらず DCEU 、予告編の作り方は上手。シャザムの続編は1も観てないしあんま興味なかったんですが、それでも予告編はエンジョイできたしちょっと唆られました(観るとは言ってない)。

・コミック原作でも重要な要素だった”明るい雰囲気”が良い感じのリアリティで実写化されているのは好印象でした。

・ブラックアダムの映画については以前公開された予告編で大体ノリはわかっていたので今回はそこまで驚かなかったんですが、それでも今回初めて動いているのを観たサイクロン含め、ジャステイス・ソサエティが結構フィーチャーされるのは嬉しかったです。

・ただホークマンがコミックよりやや貧相になってしまうのは致し方ないとして、一応 DC の攻撃枠なのであっさり防がれるよりはもう少し拮抗するようなところがあっても良かったかも。本編があるなら存分にメイスを奮って欲しいところ(観るとは言ってない)。

・MCU については自分は離脱しているので特にコメントなし。ついていく皆さんは頑張って下さいという感じです。

・強いて言うならフォックスとの版権問題で MCU に参入させられなかった頃はコミック方面で散々冷遇しておきながら、今は FF や X-MEN ネタを小出しにしながら引っ張れるところまで引っ張ろうとする姿勢はいい根性してるな、とは思います。

・それで喜んじゃう方も喜んじゃう方なんですが。


……やや前のめりになってきたのでここらで終わりにします。