VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

DC のマルチバース系イベント

最初の CRISIS ON INFINITE EARTHS には DC 内で増えすぎたマルチバースを整理する意味があったわけで、逆を返せばあの物語が成功を収めたのは巻き込まれたそれぞれの世界にそれなりの重みがある歴史というか、一応ちゃんと独立した世界観として成立していたからだと思います。

なので最近のマルチバース物のように(壊されること前提に)即席で作られたハリボテのパラレルワールドをいくら出されたところで、もう目の肥えた読者には響かないんじゃないかと思うんですがどうでせう。