VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

リチャード・コーベン

割とまじでちゃんと生前の仕事まとめてしっかり研究した方が良いと思います。

コーベンってコミッククリエイターとしてジャック・カービィとかメビウスとか手塚治虫とかに匹敵する大家だと思うんですけれど、そういった他の人達なんかは次世代以降のクリエイターにしっかり影響を及ぼしているのに対して、コーベンに関してはそういった”余波”をまず見たことがないんですよ。

何しろどんな画材をどう使ってるのかもはっきりわかってないし、本も亡くなる直前にダークホースから刊行していた数冊しか現在流通していない。

コーベンの”画”が唯一無二なのは当然として、他方で彼の”画風”というのは何らかの形で遺していく必要があると思います。


一応作品のデータベースみたいのはファンが作ったガチなのがネットに存在しているんで不可能じゃないと思うし、ダークホースかどっかが全集出してくれるの期待しています。

というか単純に ROWLF 含めコーベンの過去作を読みたいんでどこでもいいから出してほしい。