VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

マーベルのクレジット(追記あり)

記載方法変えた?

なんか近刊のプレビュー眺めてたらライターとペンシラーが一緒くたに” STORYTELLER ”としてクレジットされてるものが多いですね。(追記:多くない)

(*追記:後ほどもう一度調べてみたら” STORYTELLER ”表記は1つだけ、一緒くたにクレジットされているのがもう1つ見つかった程度でした。完全に自分の誤りです。申し訳ありませんでした)

好意的に受け取れば「今やストーリーはライターとアーティストが一緒に作ってるんだぜ」という意味なんでしょうけれど。

んんんー、これはどうなんでしょう?


百歩譲ってストーリーについてはアーティストからのインプットもあるかもですが、他方でアートにはライターほとんど関わってきていないわけだし。

脚本があらすじだけさくっと書くマーベルスタイルならいわずもがな、 DC スタイルだとしても構図とかを指定するくらい?

というかそれだと他のカラリストであるとかレタラーとかも含まなきゃおかしくないです?

彼らだって立派な”ストーリーテラー”の一員でしょうに。

アートにしろストーリーにしろどこまで”関与”しているのが”ストーリーテラー”という扱いなんですかね。

こういう負担の境界線を曖昧にするような動きはどういう意図があるにせよ(何も考えてない可能性もありますが)ちょっと警戒しておいて良いのかも。


……と思ったら VENOM: LETHAL PROTECTOR なんかはしっかり分かれてますね。

ホントに基準がわからん。