VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

長期で扱う作品

以前話していた「複数回の記事に分けて長期で扱う作品」昨日の記事を書きながら X-FACTOR とかありじゃないかと思いました。

05年版も含めれば割とボリューミーだし、ストーリー的にもアート的にも深堀りする余地は豊富にありますし。

昨日言及した本作の”少年漫画っぽさ”について、実際に日本の漫画と比較検討してみたり、言語化しきれなくてやや消化不良だったラリー・ストローマンのアートをもっとしっかりやったりと、ネタはそれなりに豊富です。

とりあえず90年代版をやってから状況を見て05年版に突っ込んでいけば良いかな、と。

ただネットから得られる情報があまり期待できないので作品以外のところでクリエイターのインタビューとか背景的なところに迫るのは難しいのかな、という不安もあるのでとりあえず候補の1つとしてカウントする程度にしておこうかと。