VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

AWA スタジオ

さっきの AWA スタジオの記事に関連して。


AWA スタジオはさっきも書いたとおりマーベルの元編集トップだったアクセル・アロンゾがマーベルを離れた後に設立した新興出版社です。

版権モノは今のところ無く、まだ目立ったヒット作はないものの、どの作品もクリエイター陣に実力派が揃っているので今後大きく化ける可能性はあるところかと思います。

具体的に何人か挙げてみるとONE MORE DAY まで AMAZING SPIDER-MAN を担当していたJ・マイケル・ストラジンスキーに PREACHER のガース・エニス、 LIBERTY MEADOWS のフランク・チョーに CAPTAIN AMERICA のスティーブ・エプティング等々。

基本アロンゾがマーベル時代やその前の VERTIGO の編集者だった時代から付き合いのあったメンバーを集めた感じです。

刊行作品ざっと見渡した時に暗いというかなんとなく地味な印象を受けるのはそのあたりに起因するものかと思われ。

ただ実力はあるのに作風が地味だったり、マーベルや DC の枠ではうまく実力を発揮できなかった人だったりもいるのでそういった人達に自由な舞台を与えられるという意味では悪くないんじゃないかと思います。

アロンゾ自身、マーベルみたいな特殊な環境下だったから散々な感じ(あくまで”感じ”で実際は結構ちゃんとやってたと個人的には思います)でしたが、元々 PREACHER とかを担当した超優秀編集者であることは事実ですし。

そんなわけで往年の VERTIGO とか好きな人は AWA スタジオの名前を覚えておいて損はないかと。

以下、公式サイト。
awastudios.net