VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

メビウス本

遅筆遅筆と言われていた漫画家が実は療養中だったことが明らかになったとかで話題になっていますが。

似たようなことが先日ありましたよ。

私、かれこれ数年に渡ってこの本を待っているんですがね。

先に刊行されていた邦訳版を見つけた時から待ってるんでもう5年近くなりますか。

多分最初に出た時は2019年か2020年くらいの刊行予定だったんですが、刊行直前に予定日が1年先送りになるという憂き目をもう2,3回見ていまして。

コロナ禍による流通遅延もある程度解消してきたようだし、今年は流石に出るだろうと思っていたのにこの間確認したらまた来年にずれ込んでいて。

「あー、もうこれ出す気ないな?」と半ば諦めて邦訳版をそれなりのお値段で買うべく腹を括っていたわけです。


そんな中、ふとぐぐってみたら reddit の方で同じような待ちきれない蔵さんの書き込みに対して英訳版の翻訳者さん自ら降臨しているのを発見。

以下、該当 reddit のスレ。(あくまで自称ですが)翻訳者さんは「4reignat0r」。

www.reddit.com


それによると。


最初の翻訳者が手首の負傷によりタイピングできず交代。

2019年、新しい翻訳者(reddit に降臨した人)が初稿を提出するも、中身の難解さから編集作業に時間がかかる。

2020年、ダークホースから原稿が返ってくるもコロナ禍の混乱で翻訳者さんと連絡が取りにくい状態に。

2021年はじめ、ダークホースから頼まれて巻末の注釈を加えようとした翻訳者さん、想定外に書き加えることが多く半端ない文量になる。

同年4月頃、脱稿。
ダークホースによると刊行まで1年ほど要するそう。

現在に至る。


まあ、この方が本当に翻訳者さんなのかどうかという疑いはひとまず置いておくとして。

こうきちんと説明されると納得できるし、膨れに膨れ上がった注釈というのも気になるんで。

もう1年待ちますよ、ええ。

でも来年こそ、来年こそは…というかもう邦訳版もほぼ絶版状態だし頼みますよ、ホント…。

ちなみに邦訳版はこちら。

こっちも電子で出してもいいんですよ…?