VISUAL BULLETS

アメコミをはじめとした海外コミックの作品紹介や感想記事などをお届け

すりーぴんぐ・びゅーてぃーず

オススメ本といえば、さっきの記事でちらっと話したスティーブン&オーウェン・キング親子の共著による SLEEPING BEAUTIES (邦題『眠れる美女たち』)もオススメです。

原書版

日本語版上巻

世界中で女性達が眠りにつき繭に包まれていく謎の奇病が広がる中、とある町を舞台に鍵を握る女性を巡る攻防が繰り広げられるというあらすじ。

キング得意の「異常事態+群衆心理」という組み合わせの作品で、一見すると分量は多いもののテンポよく話が進むためサクサク読み進められます。

共著のためスティーブン・キング作品としてはやや弱めなのではないかと少し不安だったんですが、実際読み始めてみると全然そんなこともなく。

少なくとも作品のどこまでが父親でどこからが息子なのかがさっぱりわからないくらいにはシームレスな印象なので安心して読んで良いと思います。

あらすじからもわかるとおり、フェミニズム的な要素も含まれており、あるいは今だからこそ読んでみる価値のある作品かもしれません。

勿論、エンターテイメントとしても秀逸です。