VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

ウォーレン・エリスに関するドキュメンタリーが無料公開中

 『 TRANSMETROPOLITAN 』『 AUTHORITY 』などで知られるライターのウォーレン・エリスに関するドキュメンタリー映画『 WARREN ELLIS: CAPTURED GHOSTS 』が現在、ユーチューブ上で無料公開されている。

sequart.org

 本作は2011年にシークアート・オーガニゼーションリスペクト!フィルムスによって制作されたドキュメンタリー映画。
 エリス本人やその関係者に対するインタビューを元に、彼のこれまでの半生を振り返る内容になっている。

 90年代初めにライターとしてデビューしたウォーレン・エリスは、アラン・ムーアやニール・ゲイマンといった英国出身ライターが大量に進出してきたいわゆる「ブリティッシュ・インベージョン」から一歩遅れてアメコミ業界へやって来た。
 初期はマーベルで『 HELLSTORM: PRINCE OF LIES 』『 EXCALIBUR 』などを手がけていたが、間もなく DC とも関わるように。ワイルドストームで『 DV8 』『 STORMWATCH 』を手がける傍ら、 VERTIGO からオリジナル作品『 TRANSMETROPOLITAN 』なども発表し、注目を集めた。

 以降、様々な出版社に跨がり多彩な作品を発表し続け、21世紀のスーパーヒーロー作品の礎を築いたと言われる『 AUTHORITY 』や、アメコミやパルプ作品などのSFを包括的に扱った『 PLANETARY 』、あるいは世界中で活躍するスマートモブを描いた『 GLOBAL FREQUENCY 』などは高い評価を受けている。

 彼が連載を手がけた『 EXTREMIS 』というストーリーはその後のアイアンマンを大きく変え、映画『 アイアンマン3 』のベースにもなった。

 現在はイメージで『 INJECTION 』シリーズを手がけている他、 DC でかつてのワイルドストーム・ユニバースをリメイクした『 THE WILD STORM 』のライティングとそのスピンオフの監修などもしており、9月にはジェイソン・ハワードとの新作『 CEMETERY BEACH 』の刊行も予定されている。

www.visbul.com
 
 またコミック以外での活動も盛んで、『 CROOKED LITTLE VEIN 』を始めとした小説作品を短編長編含め多数発表している他、現在ネットフリックスで配信されている『 CASTLEVANIA (邦題:悪魔城ドラキュラ - キャッスルヴァニア - )』の脚本なども担当している。


 シークアート・オーガニゼーションはアメコミ関連の副読本や解説書を数多く出版している他、これまでもアメコミクリエイターに関するドキュメンタリーをいくつか制作しており、本作以前にも同じく英国出身のライター、グラント・モリソンを取り上げた『 GRANT MORRISON: TALKING WITH GODS 』などを手がけている(この作品も以前 youtube にて無料公開されていたが現在は下げられた模様)。
 また、公式サイトにはアメコミ作品に関するエッセイなどが多数公開されており、もっと深く読み込みたい読者にはオススメのサイトである。

 なお、本作の公開期間は今のところ明言されていない模様だが、一時的なものである可能性もあるので気になる人は早速チェックしてみよう。

 
Warren Ellis: The Captured Ghosts Interviews (English Edition)

(今回のドキュメンタリーにおいて、エリスに対するインタビュー部分のみを抜粋した書籍版)