VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

BATMAN: LAST KNIGHT ON EARTH (DC:BLACK LABEL)

 スナイダー版バットマンのフィナーレ。



 自分の遺体を形どるかの如くゴッサム市街に描かれた巨大なチョーク・ラインの謎を追って因縁の場所、クライム・アリーを訪れたバットマン。彼は、そこで1人の少年を発見する。だが子供が隠し持っていた銃を突きつけた、次の瞬間 ---

 ブルース・ウェインは精神病棟にいた。

 周囲にいるのは自分が戦っていたヴィランとよく似た医師や患者。

 困惑するブルースにアルフレッドは両親を殺害して以来、彼がずっと妄想に囚われ続けていたのだと諭し、コウモリを模した拘束具を見せる・・・。

 バットマンは妄想だったのか?

 だが、これは全ての始まりでしかなかった・・・。


 NEW52が始まった2011年から DARK KNIGHTS: METAL などを経て描かれ続けてきたスコット・スナイダーとグレッグ・カプロのタッグによるバットマン・サーガの完結編。正義と悪との戦いの果てに荒廃してしまった世界における、闇の騎士ことバットマンの最後の戦いを描く。
  
 基本的にブラック・レーベルから刊行される作品は正史のDCユニバースとは少し距離をおいた”外典”として扱われるので、本作も厳密には数あるバットマンのラストエピソード、その1例でしかないものの、スナイダーがつい最近まで手がけてきたJUSTICE LEAGUEなどの内容も盛り込まれているため、これまでにおける彼の作品群の到達点とはいえるだろう。


 さて、本作の中身に関して言いたいことは3つ。

 1.ダークサイドは首だけになってもカッコいい。

 2.ワンダーウーマンはモヒカンになってもかっこいい。

 3.ゴードンはチャラいポニテになっても全然イケる。

 以上だ。
 

 真面目な話、スナイダーもカプロもそれぞれホラーにルーツを持つ作家なだけあって彼らの手による暗黒版DCユニバースは最高に醸成されている。ディストピアとか悪堕ちとか、そういうの好きな人は結構ツボにハマると思いますです、はい。


 さて、つい最近スナイダーとカプロは新たにDARK KNIGHTS: METALの続編(噂ではDEATH METALだかHEAVY METALだかになるとか・・・)刊行を発表し、チェーンソーを構えるワンダーウーマンのイラストが公開された。
 
 バットマンを描ききったタッグが今度は何を作るのか楽しみだ。