VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

新作電撃発売:『DIE!DIE!DIE!』情け容赦ないバイオレンスアクション

 イメージとスカイバウンド・エンターテイメントはロバート・カークマンクリス・バーナムらが手がける新作コミック『 DIE!DIE!DIE! 』の刊行を発売日前日に突如発表した。

f:id:C3rdP:20180712065856j:plain
Image Credit: Chris Burnham / Image Comics / Skybound Entertainment

imagecomics.com

 イメージの公式サイトに掲載された上の記事によると、『 DIE!DIE!DIE! 』は米国政府内に存在し、世界の動向をコントロールするため暗殺任務を請け負う秘密組織を描くバイオレンスアクション作品。

 ライター陣には『 THE WALKING DEAD 』などでお馴染みのロバート・カークマンや、そのドラマ版のプロデューサー兼脚本家のスコット・M・ギンプルを迎え、アートは『 BATMAN INC. 』『 NAMELESS 』で知られるクリス・バーナム、彼と頻繁にタッグを組むカラリストのネイサン・フェアベアン、そしてレターのラス・ウートンらが担当。

 『 THE WALKING DEAD 』のカークマンと『 NAMELESS 』のバーナムという、両者ともにグロテスクでショッキングな描写を厭わないクリエイターなだけにストーリー面でもアート面でも衝撃的な内容になるものと予想される。


 また、今回新作の刊行発表が#1発売前日に行われたことに関しカークマンは上の記事において「インターネットなどの普及により新しいプロジェクトが発表されてから読者が数ヶ月待たされ、時に読む前から情報が流出してしまう現状に一石を投じたかった」という旨の発言をしている。

 先日、『 X-MEN GOLD #30 』『 BATMAN #50 』で続けざまに作品内の内容をメディアに流出してしまったマーベルやDCにはいささか耳が痛いかもしれない。

 新作の内容は勿論のこと、本作の試みが今後業界をどのように変えていくかも含めて今後の動向に注目したい。

『 DIE!DIE!DIE! 』の#1は現在発売中。