VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

新作:『ANATOMY OF A METAHUMAN』DCキャラの解剖書

 アーティストのミング・ドイルはSNS上で自身が携わる DC からの新作『 ANATOMY OF A METAHUMAN 』の刊行を発表した。


DC Comics: Anatomy of a Metahuman

Image Credit: DC Comics


 ドイルのツイートによると本作はスーパーマンスワンプシングなど様々なキャラクターの生態をブルース・ウェインの視点から眺める形の内容になるという。

 また、同じツイートで公開された以下のプレビュー画像からは本書が通常のコミックではなく、どちらかと言えば学術書を模したイラスト書のような形になりそうなことが窺える。

f:id:C3rdP:20180706101420p:plain
Image Credit: Ming Doyle / DC Comics

f:id:C3rdP:20180706101425p:plain
Image Credit: Ming Doyle / DC Comics

f:id:C3rdP:20180706101429p:plain
Image Credit: Ming Doyle / DC Comics

f:id:C3rdP:20180706101434p:plain
Image Credit: Ming Doyle / DC Comics

 既にネット書店では予約が開始されており、Amazonの商品ページに記された紹介記事からはスーパーマンサイボーグといったヒーローからダークサイドベインといったヴィランまで、12のメタヒューマンを取り上げて、その特殊な生態に迫る内容となることが記されている。

 本作のイラストはドイルが、文章はノベライズなどを多く手がけているS. D. ペリー、そして過去にも同種の百科全書的な書籍を執筆しているマシュー・マニングが担当する。

 謂わばDC版『解体新書』とでもいうべく本作。ファン垂涎の1冊になること間違いなしだ。

『DC COMICS: ANATOMY OF A METAHUMAN 』は2018年9月刊行予定。