VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

新作:『 ASCENDER 』時代は科学から魔法へ……

 イメージは現在刊行されているジェフ・レミーアダスティン・ングウェン『 DESCENDER 』の続編となる新シリーズ『 ASCENDER 』の刊行を発表した。

f:id:C3rdP:20180707072641j:plain
Image Credit: Dustin Nguyen / Image Comics

 『 DESCENDER 』は人類が宇宙で他星系の者達と共存する遥か未来を舞台にしたSFファンタジー作品。謎の存在”ハーベスター”の襲撃事件以来、ロボットが迫害されるようになった時代に蘇った少年ロボ、ティム−21の数奇な運命を描く。
 現在シリーズは虐げられていたロボット達が反乱を起こし佳境を迎えているが、ライターであるレミーアはインタビューなどでまだ物語が終わっていないと言及しており、読者からその今後が注目されていた。

imagecomics.com

 イメージの公式サイトに掲載された上の記事によると、新シリーズでは1人の少女が消えてしまったロボット達、そして鍵を握る存在であるティム−21の行方を追う内容となる模様。SF色が濃厚だった『 DESCENDER 』とはうって変わり、これまであまり大きく扱われてこなかった”魔法”が前面に出るという。

 『 DESCENDER 』シリーズにおいて魔法は科学文明に追いやられて一部の辺境惑星に限定して存在していると思われていたが、今後は銀河全体に影響を及ぼす物語のキー要素となりそうだ。

 また、同サイトに公開されたカバー画像には新たな主役となると思しき少女と、その隣に『 DESCENDER 』で主役だったティム−21の愛犬ロボット、バンディットらしき姿も確認できる。


 シリーズを変えて紡がれる新たな物語が一体どのようなものになるか、早くもファンからの期待が高まっている。

 興味を持った人は今から物語の原点である『 DESCENDER 』シリーズを読み始めてみよう。

 新シリーズ『 ASCENDER 』は2019年から刊行開始予定。