VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

ツイート感覚の雑記3

なかなか新しい記事が出せずすみません・・・。私事が忙しなくて記事を書くのにあてる時間が確保できず、取り敢えず今回も雑記です。

・マット・フラクションとテリー・ドッドソンによる『 ADVENTUREMAN 』。とあるシングルマザーがパルプヒーローを巡る陰謀に巻き込まれるという、ドック・サヴェッジでネバーエンディングストーリーをやっているような活劇ものなんですが、最近こいつにハマってます。いわゆる冒険活劇ってのはそんなに好きでもなんでもないんで本作も「ジャンル的に合わないかなー」と思いつつ手にとってみたんですが、読み始めるといやこれが面白い。読者を引き込むテンポの良さがフラクションならではって感じです。先日終わった『 SUPERMAN'S PAL JIMMY OLSEN 』も大変満足でした。

・現在フランク・ミラーのデアデビルを少しずつ読み進めています。以前ツイッターやってた時にファンタスティック・フォーの EPIC COLLECTION 1冊分を各号感想ツイート投下してたんだけど、同じようなことこれでもしたいなあ。プリーストの『 DEATHSTROKE 』とかサイモンソンの『 ORION 』とかも。期間限定でツイッター再開しようか。

・カートゥーン『 RICK AND MORTY 』のダン・ハーモンが過去にライターとして参加したことのある SF コメディ 『 SCUD THE DISPOSABLE ASSASSIN 』 を入手。自販機で暗殺ロボ( SCUD は商品名)が買えるようになった未来社会を舞台に、偶然自分が使い捨てだと気づいてしまった1体の暗殺ロボのハチャメチャアクションを描いた作品。こちらも少しずつ読み進めているのでまだハーモンの描いた号まで辿り着けてない・・・。

・『 RICK AND MORTY 』といえば同じくメインライターであるジャスティン・ロイランドの新作『 SOLAR OPPOSITES 』。めっちゃ観たいんですが、日本のフールーには来てないのでせうか。配信してたらフールー取るのに(同じ話前にもしたかも)。

・バットマンの新作映画とスーサイド・スクワッドの新作映画&新作ゲーム、どの予告もかなり気合入ってる印象。バットマンはそっち路線かあ、といいますか。こりゃ中身観るまで判断保留。SSは映画もゲームもいい味出してますね。キラーシャークとかデッドショットとかも好きなんですが、実は彼らを手玉に取るアマンダ・ウォーラーが一番好きです。憧れる。

・『 COPRA 』の新作はまだか!

・『 DARK NIGHTS: DEATH METAL 』は読み進めるほど不穏な感じしかしない・・・。希望が垣間見える展開も絶望に突き落とす前振りにしか見えませんね。

・メビウスとスタン・リーによる作品『 SILVER SURFER: PARABLE 』、前々から狙っていたのをこの度新装版刊行を機にようやく入手。紛うことなき名作であることを読んで改めて確認しました。メビウスといえば、インタビュー集みたいのが最近刊行されたんでそちらも入手したい(邦訳版はだいぶ前にでてたみたい)。

・B.P.R.D.の記事が書きたい。彼が地獄に堕ちた後もまだ世界も物語も続いてんだぜ!という話をとてもしたい。

・ピーチ・モモコ(ツイッターの『桃桃子』の方が良いんだろうか・・・)のアート、すごいなあ。曲線美もさることながら顔や肌の表面にすっと入る淡い影がとても綺麗。この人のコミック掲載した『 HEAVY METAL 』誌探してみたものの既に売り切れのようで残念無念。次の機会に期待します。

・うってかわって国内漫画の話なんですが、良質なホラー漫画が読みたくて読みたくて。伊藤潤二の作品は待ち続けてれば『うずまき』も『ギョ』も重版かかった過去があるので『地獄星レミナ』もいつかそうしてくれることを期待してます。

・ついでにアニメの話。 youtube で配信されてるんで『 G のレコンギスタ 』観てるんですが、これすごいですねぇ。視聴者に求めてる読解力の水準がTVアニメのそれじゃなくて文学のそれに達してますよ。