VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

2018年8月刊行予定のリーフ(DC)

 2018年8月に DC から刊行されることが予定されているリーフ全てをざっくりと紹介。ところどころ個人的な感想も混じります。

 まずはざっと一覧を。

ADVENTURES OF THE SUPER SONS #1

WRITTEN BY PETER J. TOMASI
ART BY CARLO BARBERI AND ART THIBERT
COVER BY DAN MORA

 スーパーボーイことジョナサン・ケントと、ロビンことダミアン・ウェインの知られざる冒険を描く全12号の新ミニシリーズ。”ザ・ギャング”と呼ばれる星間チンピラ集団に狙われてしまった彼らの活躍を描く。

THE SANDMAN UNIVERSE #1

STORY BY NEIL GAIMAN
WRITTEN BY SI SPURRIER, NALO HOPKINSON, KAT HOWARD AND DAN WATTERS
ART BY BILQUIS EVELY, DOMINIKE “DOMO” STANTON, TOM FOWLER, MAX FIUMARA AND SEBASTIAN FIUMARA
COVER by JAE LEE

 次月から始まる新ラインナップに先立ち、夢を司る”ドリーム”ことダニエルの失踪に端を発して4つの物語に分岐していくプロローグ的内容の特別号。

 詳しくはこちらの記事もどうぞ。
www.visbul.com

PEARL #1

WRITTEN BY BRIAN MICHAEL BENDIS
ART AND COVER BY MIGHAEL GAYDOS

 現代のサン・フランシスコを舞台に彫物師兼暗殺者の女性”パール”の遭遇する事件を描く全6号の新シリーズ。

 地に足の着いた犯罪者に定評がある Bendis の本領発揮となるか注目のオリジナル・シリーズ。

SCARLET #1

WRITTEN BY BRIAN MICHAEL BENDIS
ART AND COVER BY ALEX MALEEV

 元々はマーベルで連載されていたオリジナル作品の続編。警察腐敗の犠牲になった女性”スカーレット”の叛逆がやがて国全体を巻き込む騒動に発展していく顛末を描く。

BATMAN : KINGS OF FEAR #1

WRITTEN BY SCOTT PETERSON
ART AND COVER BY KELLEY JONES

『 KNIGHTFALL 』などで知られるアーティスト Kelley Jones が再びバットマンを描く全6号のミニシリーズ。自分の活動意義に疑念を抱くようになったバットマン。時を同じくしてスケアクロウがアーカムで暴動を引き起こす。

 あらすじからして90年代っぽい作風になるんじゃないかと。

SUPERGIRL #21

WRITTEN BY MARC ANDREYKO
ART BY KEVING MAGUIRE
COVER BY TERRY DODSON AND RACHEL DODSON

『 MAN OF STEEL 』の事件を機に、残された謎を説くべくスーパーガールは装いを新たに宇宙へ。

 一時はシリーズ終了の噂もあったので一安心。話題になっている新スーツは暫定的という見方も強い。

CATWOMAN / TWEETY AND SYLVESTER SPECIAL #1

WRITTEN BY GAIL SIMONE
ART BY INAKI MIRANDA
COVER BY EMANUELA LUPACCHINO

  DC とルーニートゥーンズのクロス・オーバー企画。トゥイーティをを捕まえようとするシルヴェスターはキャットウーマンと手を組む。トゥイーティもスーパーヒーローの助けを借りようとするが……? Shea Fontana と Walter Carzon によるバックアップも収録。

HARLEY QUINN / GOSSAMER SPECIAL #1

WRITTEN BY JIMMY PALMIOTTI AND AMANDA CONNER
ART BY BIER BRITO

 ハーレイの元にオレンジの毛むくじゃら生物ゴッサマーがやって来る。仲良くなったのも束の間、謎のロボットが襲撃。これはジョーカーの仕業なのか? Sholly Fisch と Dave Alvarez によるバックアップも収録。

 現在の『 HARLEY QUINN 』シリーズの立役者であるコンビがライティングを担当しているあたり、それなりの力作になる模様。

THE JOKER / DAFFY DUCK SPECIAL #1

WRITTEN BY SCOTT LOBDELL
ART AND COVER BY BRETT BOOTH AND NORM RAPMUND

 訪れた先のゴッサムでジョーカーと遭遇した上に目を付けられてしまったダフィー・ダックが何とか逃れようと奔走する。バックアップは Joey Cavalieri と Luciano Vecchio 。

LEX LUTHOR / PORKY PIG SPECIAL #1

WRITTEN BY MARK RUSSELL
ART BY BRAD WALKER AND ANDREW HENNESSY

 落ちぶれたところをレックス・コープに雇われたポーキー・ピッグ。恩義からレックスに忠誠を誓う彼だが、スキャンダルでスケープゴートにされ…?バックアップはJim FanningとJohn Loter。

 Ben Oliver のカバーがやたら眩しい……。

ACTION COMICS #1002

WRITTEN BY BRIAN MICHAEL BENDIS
ART AND COVER BY PATRIC GLEASON

 新たなる脅威を前にこれまで守ってきたメトロポリス市の知られざる一面が明らかになる。空から人が降ってくる……?

SUICIDE SQUAD #45

WRITTEN BY ROB WILLIAMS AND DAN ABNETT
ART BY JOSE LUIS
COVER BY RAFA SANDOVAL

AQUAMAN #39

WRITTEN BY DAN ABNETT AND ROB WILLIAMS
ART BY VICENTE CIFUENTES
COVER BY RAFA SANDOVAL

 2誌のクロス・オーバー『 SINK ATLANTIS 』。海上に浮上したアトランティス。それを再び海底に沈め、ついでに”ある品”を回収させるべくアマンダ・ウォーラーはスーサイド・スクワッドを潜入させる。だが、チームは待ち受けていたアクアマンと一戦交えることに。

 キラー・クロックとか案外アーサーといい勝負になるんじゃなかろか。

BATGIRL #26

WRITTEN BY MAIRGHREAD SCOTT
ART BY PAUL PELLETIER
COVER BY SEAN MURPHY

 新章『ART OF CRIME』開始。グロテスクというヴィランを追跡する中、脊髄のインプラントが一時的に故障して再び半身不随となってしまったバーバラの姿を描く。

 『 KILLING JOKE 』を連想させるストーリーだけにやや不穏……。

BATGIRL ANNUAL #2

WRITTEN BY MAIRGHREAD SCOTT
ART BY ELENA CASAGRANDE
COVER BY EMANUELA LUPACCHINO

 年刊特別号。追跡中の連続殺人犯の手口がアーカムに収監されている兄ジェームズ・ゴードン Jr のそれとそっくりなことからバットガールは彼のもとを訪れるが……。

 『羊たちの沈黙』みたいな展開になりそう。

BATMAN #52 & 53

WRITTEN BY TOM KING
ART AND COVER BY LEE WEEKS

 引き続き『COLD DAYS』編。ミスター・フリーズの裁判。ただ1人無罪を主張する陪審員のせいで議論は膠着状態に。その人物はブルース・ウェイン?
 一方、手が離せないブルースの代わりにディック・グレイソンが再びバットマンのスーツに袖を通す。

BATMAN BEYOND #23

WRITTEN BY DAN JURGENS
ART BY WILL CONRAD
COVER BY VIKTOR KALKACHEV

 引き続き『TARGET : BATMAN』編。スケアクロウに操られ市民の標的となってしまった新生バットマン&ロビン。
 一方、イメージアップアップを図る元ロイヤル・フラッシュ・ギャングの少女は助言を求めてジャック・ライダーなる人物のもとを訪れる。だが彼女は知らなかった。彼がかつてヴィジランテ”クリーパー”だったことを!

 ……てかいつの間にバットマン・ビヨンドにもロビンがついてたのね。

BATWOMAN #18

WRITTEN BY MARGUERITE BENNETT
ART BY FERNANDO BLANCO
COVER BY DAN PANOSIAN

 シリーズ最終号。クロック・キングが犯罪実行前に成功するかわかるようになる特殊なドラッグを流通。バットウーマンことケイト・ケインは元恋人のレニー・モントヤと共にそれを阻止しようとするが……。

 ヒーロー活動のためドラッグを使うか否かという選択に迫られたり、レニーとヨリを戻すかどうかという話になったりと中々盛り沢山な内容になる模様。

CATWOMAN #2

WRITTEN BY JOELLE JONES
ART AND COVER BY JOELLE JONES

 過去の汚名を払拭するべく、スーツも新たに新調したキャット・ウーマンことセリーナ・カイル。しかしゴッサムの裏街道には自分の模倣犯(つまりはコピー”キャット”ですな、ええ)が出没していた。

 新スーツが話題になっているものの、ぱっと見はさして変わらんような。ゴーグルが失くなったのと、あちこちにスリットが入ったことくらいだろうか。

CAVE CARSON HAS AN INTERSTELLAR EYE #6

WRITTEN BY JON RIVERA
ART AND COVER BY MICHAEL AVON OEMING

 シリーズ最終号。右目に機械の眼球を埋め込んだ男ケイヴ・カーソンが宇宙で巻き込まれたこれまでの騒動、その原因は自分のポッドキャストにあった!?

 直球の冒険物として面白いシリーズだけに今後もリニューアルして継続してほしいなあ。

THE CURSE OF BRIMSOTNE #5

WRITTEN BY JUSTIN JORDAN
ART AND COVER BY PHILIP TAN

 自らの町を守るため悪魔と契約して破壊と炎の能力を宿された青年ジョー・チャンバレインの数奇な運命を描く『 THE NEW AGE OF HEROES 』ラインナップのシリーズ。新たな町へやって来たジョー達。しかし、その町には大人が1人もいなかった!

CYBORG #25

WRITTEN BY MARV WOLFMAN
ART BY TOM DERENICK

 ”N-ジン”なるハイテクヴィランが自らの意識を世界中のロボットにアップロードして騒動を引き起こす。サイボーグことヴィクター・ストーンは自らに新たなアップグレードを施してこれに対抗しようとする。

 いつもよりちょっと厚めな40ページ。

DAMAGE #8

WRITTEN BY ROBERT VENDITTI
ART BY DIOGENES NEVES AND TREVOR SCOTT
COVER BY TREVOR HAIRSINE

 DC 版ハルクとして早くも一定のファン層が築かれつつあるニューカマー。
 イーサン・エイブリーが再びダメージになれるまで回復するのを待つ間、彼の救援に駆けつけたのは - アンノウン・ソルジャー!

 ヒャッホウ!アンノウン・ソルジャーだぜ!個人的に大好きなキャラなのでこれは是非とも期待したい。スピンオフして新シリーズ作ってもいいのよ?

DAMAGE ANNUAL #1

WRITTEN BY ROBERT VENDITTI
ART BY DIOGENES NEVES
COVER BY AARON LOPRESTI

 上記シリーズの年刊特別号。イーサン・エイブリーがダメージになったオリジンを描く。

DEATHSTROKE #34

WRITTEN BY CHRISTOPHER PRIEST
ART BY CARLO PAGULAYAN AND JASON PAZ
COVER BY ROBSON ROCHA AND DANIEL HENRIQUES

 引き続き、突如浮上したダミアンの親権問題を巡ってデスストロークがバットマンと全面衝突する”BATMAN VS. DEATHSTROKE”第5章。遂に決着が着く……?

DETECTIVE COMICS #986 & #987

WRITTEN BY BRYAN HILL
ART BY PHILIPPE BRIONES (#986) AND MIGUEL MENDONCA (#987)
COVER BY EDDY BARROWS (#986) AND EDUARDO PANSICA (#987)

  カタナ、ブラック・ライトニング、シグナル、オーファン(カサンドラ・ケイン)らがタッグを組んでサイコ・パイレートに立ち向かう” ON THE OUTSIDE "編ラスト2章。
 一方、バットマンはというと『 JUSTICE LEAGUE : NO JUSTICE 』にもちらっと登場した謎の”ブレイニアック・ファイルズ”で何やら動いているようで……。

 アウトサイダーズの新シリーズに対する布石という見立てが強いので期待大です。

ETERNITY GIRL #6

WRITTEN BY MAGDALENE VISAGGIO
ART AND COVER BY SONNY LIEW

 シリーズ最終号。あることがきっかけで全身の原子構造を自由に操ることができるようになった女性キャロライン・シャープ。自らの不死を嘆く彼女の願いが遂に叶う?

THE FLASH #52 & 53

WRITTEN BY JOSHUA WILLIAMSON
ART BY CHRISTIAN DUCE

 フラッシュがマルチバースのスピードスター達と接触を図る新章” GRIPS OF STRENGTH ”開始。
 また、セントラル・シティではトリックスターによる騒動が勃発、これを阻止すべくフラッシュは25世紀の”レネゲーズ”の一人、コマンダー・コールドと渋々タッグを組むことに。

 ウォーリーはどうなってしまったんだろう……。
 

GREEN ARROW #43

WRITTEN BY JULIE BENSON AND SHAWNA BENSON
ART BY JAVIER FERNANDEZ
COVER BY ALEX MALEEV

 1%の富裕層による腐敗を暴露するべく活動する新ヴィジランテ”シチズン”が登場。当初は彼の活動に感心していたオリバーだが、やがてシチズンは一線を越えるようになり……。

 ブラック・カナリーがゲスト出演するっぽい。
 Alex Maleev ってこれまで主にマーベルのアーティストって印象だったけど、 Bendis と一緒に彼も引っ越して来たんだろうか。

GREEN LANTERNS #52 & #53

WRITTEN BY DAN JURGENS
ART AND COVER BY MIKE PERKINS

 グリーン・ランタン達の全リングが故障してしまう”EVIL'S MIGHT"編を引き続き。

 普段のサイモン・バズとジェシカ・クルスに加え、ハル・ジョーダンもたくさん活躍する模様。

HAL JORDAN AND THE GREEN LANTERN CORPS #50

WRITTEN BY ROBERT VENDITTI
ART AND COVER BY RAFA SANDOVAL AND JORGI TARRAGONA

 ハル・ジョーダンがトマー=トゥとの決戦に臨む一方、グリーン・ランタンを率いるジョン・スチュワートはメンバーに今後殺傷行為を禁止する旨を通達する。
 GLの転換期となるシリーズ最終号。

HARLEY QUINN #47 & #48

WRITTEN BY SAM HUMPHRIES
ART BY JOHN TIMMS (#47) AND SAMI BASRI (#48)
COVER BY GUILLEM MARCH

 ハーレイが惑星アポカリプスにやってきてしまう” HARLEY VS. APOKOLIPS ”最終章の#47と、その後地球に戻ってきた彼女が引き起こす騒動を描く#48。

 内容もさることながら、 FRANK CHO のヴァリアントカバーというのも気になるぞ。

HAWKMAN #3

WRITTEN BY ROBERT VENDITTI
ART AND COVER BY BRYAN HITCH

 『 DARK KNIGHTS : METAL 』で晴れて DCU 復活を果たしたホークマンの新たなる活躍を描くシリーズ第3章。銀河を救うため奔走するホークマンが次に相手にするのは……鳥人間種族!?
 さらにその後、彼が辿り着く場所、そこで待ち受けている人物とは…?

THE IMMORTAL MEN #5

WRITTEN BY JAMES TYNION IV
ART AND COVER BY TYLER KIRKHAM

 歴史の裏で人類を滅亡の淵から救ってきたイモータル・メン、そして新たに加わったメタヒューマンの青年ケイデン・パーク。彼らの次なる戦いの舞台はニューヨーク上空に浮かぶ戦闘都市!しかも彼らの活動はアマンダ・ウォーラーのレーダーに引っかかってしまい……。

INJUSTICE 2 #31 & #32

WRITTEN BY TOM TAYLOR
ART AND COVER BY DANIEL SAMPERE (#31) & BRUNO REDONDO (#32)

 同名ゲームの世界観を舞台に暗黒の DC ユニバースを描くシリーズ。新たにスターロをメンバーに加えて急速に勢力を拡大するレッド・ランタン軍団。グリーン・ランタンの本部がある惑星オア、そして地球に目標を定める敵に対し、タイタンズ、ブルー・ビートル、ブースター・ゴールド、そしてロボという混成チームが立ち向かう。

 どうやら最近の DC ではスターロが売出し中らしい。

INJUSTICE VS. THE MASTERS OF THE UNIVERSE #2

WRITTEN BY TIM SEELEY
ART AND COVER BY FREDDIE E. WILLIAMS II

 ゲーム『インジャスティス』の DC ヒーローと往年の人気カートゥーン『 HE-MAN AND THE MASTERS OF THE UNIVERSE 』のキャラが激突するというまさかのクロス・オーバー第2章。引き続き、地球の専制君主となったスーパーマンの脅威を前に各陣営のヒーロー達が奔走する。

 一風変わった企画にも著名クリエイターを投入するという謎の本気を発揮する安定の DC です。

JUSTICE LEAGUE #5 & #6

WRITTEN BY JAMES TYNION IV (#5) & SCOTT SNYDER (#6)
ART AND COVER BY DOUG MAHNKE, JAIME MENDOZA (#5) AND JORGE JIMENEZ(#6)

 宗旨変えしたレックス・ルーサーが新たにヴィラン・チーム”リージョン・オブ・ドゥーム”を結成する。プロローグとなる#5は JAMES TYNION IV がゲスト・ライターとして参加。

 ”スティル・フォース”だとか”ウルトラヴァイオレット・ギャラクシー・ランタン”なんて新単語が踊るあらすじを読むだけでも期待マックス!

JUSTICE LEAGUE DARK #2

WRITTEN BY JAMES TYNION IV
ART AND COVER BY ALVARO MARTINEZ AND RAUL FERNANDEZ

 現実世界と魔術界との扉の役割を果たす”ツリー・オブ・ワンダー”が引き起こすトラブルによって各地で騒動が勃発する中、ワンダーウーマン率いる JL オカルト部隊は"アップサイドダウンマン"なるヴィランを相手に。
 
 ゲスト出演のドクター・フェイトって今誰がヘルメット被ってるんだろう。

JUSTICE LEAGUE ODYSSEY #2

WRITTEN BY JOSHUA WILLIAMSON
ART AND COVER BY STJEPAN SEJIC

サイボーグ率いる JL コズミック部隊。よりによってダークサイドという爆弾をメンバーとして抱えることにチームが早くも分裂の危機を迎える中、ヴリル・ドックス(別名ブレイニアック2)が新マンハンター達を使って惑星コル(ブレイニアック達の出身地)の難民を襲撃するという事件が発生する。

  L.E.G.I.O.N. も登場するのかな。

MAD MAGAZINE #3

WRITTEN AND ILLUSTRATED BY THE USUAL GANG OF IDIOTS (いつものバカ達)

 最近シリーズのリニューアルが発表されたパロディ系コメディ誌の第3号。『 GROO 』などで知られる Sergio Aragones も参加する模様。

MISTER MIRACLE #11

WRITTEN BY TOM KING
ART BY MITCH GERADS
COVER BY NICK DERINGTON

 話題作も遂にシリーズ佳境へ。
 ミスター・ミラクルに接触を図ってきたダークサイドは、彼の子供をアポカリプスに連れてくることと引き換えに、ニュージェネシスとの和平を持ちかけるが……。

MOTHER PANIC : GOTHAM A.D. #6

WRITTEN BY JODY HOUSER
ART BY IBRAHIM MOUSTAFA
COVER BY TOMMY LEE EDWARDS

 シリーズ最終号。ヴィジランテ活動が禁じられた10年後のゴッサムにやって来てしまったマザー・パニックことヴァイオレット・ペイジはこの世界における自らの運命を知ることになる。

 ヤング・アニマルのラインナップはリニューアルするとかで今月どしどし最終号を迎えている。本誌も新シリーズとして復活してほしいなあ。

NEW CHALLENGERS #4

WRITTEN BY SCOTT SNYDER AND AARON GILLESPIE
ART AND COVER BY V KEN MARION

 新生チャレンジャーズの冒険を描くミニシリーズも後半戦に突入。ゾンビ化した野蛮人やら恐竜やらにチームは(プテラノドンの群れで)対抗する。
 だが同じ頃、本部はかつてない打撃を受けていた……。

NIGHTWING #47

WRITTEN BY BENJAMIN PERCY
ART BY CHRIS MOONEYHAM AND KLAUS JANSON
COVER BY MIKE PERKINS

 サイバーサスペンスの要素を加えて作風がガラリと変わったタイトル。
 ブルードヘイヴンにもたらされた新テクノロジーが人々に危害を加えるものだと知ったナイトウィングは、新たに謎の集団”ダーク・ウェブ”から遣わされた刺客と対決する。
 

NIGHTWING ANNUAL #1

WRITTEN BY BENJAMIN PERCY
ART AND COVER BY OTTO SCHMIDT

 通常の2倍のページ数でお届けする年刊号。
 スマートシティ化するブルードヘイヴンの街に迫りつつある脅威に対抗するためナイトウィングはゴッサム・シティに一時帰還。ジャーナリストのヴィッキー・ヴェールに協力を仰ぐ。

PLASTIC MAN #3

WRITTEN BY GAIL SIMONE
ART BY ADRIANA MELO
COVER BY ALEX ROSS

 DC ユニバースに本格復帰を果たしたプラスチックマンの新たな活躍を描く全6冊のミニシリーズ第3号。行方不明の子供を探しているうちにプラスチックマンことイール・オブライエンは秘密組織の陰謀に気付く。
 
 Alex Ross の禍々しいカバーがとても良い。

RAVEN : DAUGHTER OF DARKNESS #7

WRITTEN BY MARV WOLFMAN
ART BY POP MHAN
COVER BY PHILIP TAN

  DCU の魔術系ヒーロー達が謎の暗殺者集団から次々に襲撃を受ける。事態を慮った魔術師バロン・ウィンターズは新生ナイト・フォースを結成。そのメンバーにレイヴンも勧誘するが……。

 サイボーグといい、レイヴンといい Marv Wolfman がかつてのタイタンズのソロタイトルを最近数多く手がけていて個人的に嬉しい。ビースト・ボーイとかもそのうち来るか?

RED HOOD AND THE OUTLAWS #25

WRITTEN BY SCOTT LOBDELL
ART BY DEXTER SOY
COVER BY TREVOR HAIRSINE

 警告に反してゴッサムに帰還したことからバットマンの逆鱗に触れたレッド・フッドことジェイソン・トッド。2人の対決をいつもより2倍に増量した48ページで。

RED HOOD AND THE OUTLAWS #2

WRITTEN BY SCOTT LOBDELL
ART BY CLAYTON HENRY
COVER BY KENNETH ROCAFORT

 年刊特別号。バットマンとの戦闘の傷を癒やすジェイソンの元へやって来たかつてのパートナー、アーセナル。2人は違法ドラッグの流通元を追って北京へ。そこで美女暗殺軍団と戦闘に陥る。

SCOOBY APOCALYPSE #28

WRITTEN BY KEITH GIFFEN AND J.M. DeMATTEIS
ART BY PATRICK OLLIFFE
COVER BY KAARE ANDREWS

 往年のホラーコメディカートゥーンを SF チックにリメイクして大化けした話題作。
 仲良くなったスクービーを目の敵にするスクラッピーが戻ってきたことで、彼に忠誠を誓う少年クリッフィーは板挟みに。一方、そのスクラッピーはダフネと共に化け物退治へ。
 

SCOOBY-DOO TEAM-UP #41

WRITTEN BY SHOLLY FISCH
ART AND COVER BY SCOTT JERALDS

 スクービーをはじめとした面々が他の様々なハンナ・バーベラ系キャラと共演する。青年向けの上記作品と異なり、こっちは元のカートゥーンのままのノリ。
 今回クロス・オーバーするのは『 WACKY RACES (チキチキマシン猛レース)』のペネロピ・ピットストップ(日本ではミルクちゃんだったか)。誘拐された彼女を救おうとするスクービー達だったが、同じく彼女の救助に奔走するアントヒルモブを誘拐犯と勘違いしてしまい……。

SHADE, THE CHANGING WOMAN #6

WRITTEN BY CECIL CASTELLUCCI
ART BY MARLEY ZARCONE
COVER BY BECKY CLOONAN

 シリーズ最終号。異次元からやって来た女性シェードはこれまで犯してきた数々の過ちと向き合うことに。彼女は本当の意味で変わることができるのか。

 今風のサイケデリックな感じが好評の本作。これに乗じて是非とも VERTIGO 版の 『 SHADE, THE CHANGING MAN 』 も新装版出してくれないかなあ。

SIDEWAYS #7

ART AND COVER BY KENNETH ROCAFORT
WRITTEN BY DAN DiDIO

 悲劇から立ち直れないままセブン・ソルジャーズと共にダーク・マルチバースへ旅立ったサイドウェイズことデレク・ジェームズ。だがそんな彼らをシーダが待ち受けていた!

 え、シーダが登場するってことは何、セブン・ソルジャーズも Grant Morrison 版?ひっそりと復活?

THE SILENCER #8

ART BY PATCH ZIRCHER
WRITTEN BY DAN ABNETT
COVER BY VIKTOR BOGDANOVIC AND JONATHAN GLAPION

 新章”HELL-IDAIY ROAD"がスタート。家族とともに旅行へ出かけた元リヴァイアサンのサイレンサー。だがそれもつかの間、彼女はすぐに2人の刺客から逃れつつ、元主のタリア・アル・グールの復活を阻止スべく奔走する羽目に。

THE SILENCER #8

ART BY JACK HERBERT
WRITTEN BY DAN ABNETT
COVER BY TYLER KIRKHAM

 年刊特別号。タリアの武器製造プラントを潰すためにゴッサムにやって来たサイレンサー。当然のごとくバットマンと遭遇するが、彼女とブルース・ウェインとの間にはちょっとした過去があり……?

SUICIDE SQUAD ANNUAL #1

WRITTEN BY CULLEN BUNN
ART BY RONAN CLIQUET
COVER BY PAUL PELLETIER AND MICK GRAY

 年刊特別号。
 収監されていたベル・レーヴから脱走したソロモン・グランディを追って、チームはルイジアナへ。だがそこにいたのはスワンプシング!

 カバー画像を見る限りだと、ハーレイがいなかったりラグドールがいたりと、いつものシリーズとややメンバー編成が違う模様。

SUPERMAN #2

WRITTEN BY BRIAN MICHAEL BENDIS
ART AND COVER BY IVAN REIS AND JOE PRADO

 地球がまるごとファントム・ゾーンに落ちてしまうのを阻止するため奔走するスーパーマンらヒーロー達。だがそんな中、ファントム・ゾーンに閉じ込められていたヴィランが抜け出してしまう。

 Jurgens 時代にゾッドら主だった奴らは出ちゃってるし、後残ってるの誰だっけか。

TEEN TITANS #21

WRITTEN BY ADAM GLASS
ART AND COVER BY BERNARD CHANG

 大人達に隠れてこっそり再結成されたティーン・タイタンズ。彼らは武器売買に携わるギズモを相手にするが、敵が核兵器を用いたことで事態は一気に緊迫する。
 

TEEN TITANS GO! #29

WRITTEN BY SHOLLY FISCH
ART BY ERICH OWEN AND JEREMY LAWSON
COVER BY MARCELO DiCHIARA

 現在放送中の同名カートゥーンを元にしたコミック。
 カートゥーンの映画版が公開されたことで一気に名声を獲得したタイタン達。彼らはこの人気を落とすまいと再びハリウッドへ足を向けるが……。

THE TERRIFICS #7

ART AND COVER BY DALE EAGLESHAM
WRITTEN BY JEFF LEMIRE

ミスター・テリフィック率いるチームがトム・ストロングを追ってミレニアム・シティへやって来る新章” TOM STRONG AND THE TERRIFICS ”がスタート。だがストロングのラボへやって来たテリフィックスが見つけたのは瓦礫の山ばかり。さらに彼らは不思議な樹によって銀河の反対側へ飛ばされてしまう。

TITANS #24

WRITTEN BY DAN ABNETT
ART AND COVER BY BRANDON PETERSON

 破壊されたソース・ウォールからの襲撃で広がり続けるメタジーン・パンデミック。だが対策を講ずるタイタンズではナイトウィングとミス・マーシャンとの不和による内紛が発生。彼らは一丸となってこの危機に立ち向かうことができるのか?そしてチームの1人が早くも……。

 正直「メタジーン・パンデミック」ってのが「メタジーンを有する人間だけが罹患する感染症」なのか「生物にメタジーンを与える感染症」なのかまだよくわからんので深く言及できませんです。

THE UNEXPECTED #3

WRITTEN BY STEVE ORLANDO
ART BY CARY NORD
COVER BY RYAN SOOK

 ネオン・ザ・アンノウンと彼の率いるアンエクスペクテッドが誤って生み出してしまった新種のエンス・メタルを狙って惑星サナガーからオニマー・シンが襲来。地球上の生物を一掃させることも厭わぬ彼にチームは対抗しようとするが……。

THE WILD STORM #16

WRITTEN BY WARREN ELLIS
ART AND COVER BY JON DAVIS-HUNT

 かつてのワイルドストーム・ユニバースをモチーフにした新たな世界観で描かれるSFサスペンス・シリーズ。
 世界を影から操っていた組織 IO の元トップ、ジョン・リンチ。彼が必死に隠そうとした”プロジェクト・サンダーブック”とは?そしてその被験体となった女性グロリア・スポールディングは一体”何”になってしまったのか?

WILDSTORM: MICHAEL CRAY #10

WRITTEN BY BRYAN HILL AND WARREN ELLIS
ART BY N. STEVEN HARRIS AND DEXTER VINES

 謎のエイリアンに寄生されてしまった暗殺者マイケル・クレイが新生ワイルドストームの歪んだ DC ヒーロー達を次々と標的にしていくスピンオフ・シリーズ。
 ダイアナ・プリンスによる地球滅亡計画を知り、マイケル・クレイとジョン・コンスタンティンは一時的に手を組むことに。

 DC キャラ(暗黒版)が必殺仕掛人されるような作風がクセになるシリーズ。

WONDER WOMAN #52 & #53

WRITTEN BY STEVE ORLANDO
ART BY ACO
COVER BY DAVID YARDIN

 この世界に侵攻しようとするテスカトリポカに囚われているアマゾンの民を救出すべく、ダイアナはアルテミス、それにアステカと共にメキシコへ向かう。


総評的な感想

 7月にジャスティス・リーグ関連の新ラインナップも出揃って8月はそれらが勢いを増していくような月になりそう。
 一方でヤングアニマルのラインナップや『 HAL JORDAN AND THE GREEN LANTERN CORPS 』など多くのタイトルが終了し、次月以降にまた新たなシリーズが続々刊行される予兆も。

 『 THE NEW AGE OF HEROES 』作品群は現時点で既にある程度明暗分かれてきたようだけど、全体として地味にファン・ベースが築かれつつあるのは嬉しいところ。『 SIDEWAYS 』や『 DAMAGE 』なんかは特に人気が高い。個人的には『 SILENCER 』なんかも中々。

 また、 Bendis のオリジナル系作品がちょこちょこ創刊されるようで。彼のオリジナル作は内容自体は面白いものの、マーベル時代は刊行ペースが雑な印象があったのでそこが改善されればありがたい。



 ……と、まあ。ざっとこんなもんです。
 何ぶん個人的な意訳もある上にそこそこ端折ってるので実際に DC から公表されている予告は以下の海外サイトなどからどうぞ。

www.cbr.com
(参照元: cbr.com)

 取り敢えず今月はあとマーベルとイメージについても同様のことがやれるか試してみる予定。他社や合本も可能かはもう少し様子を見てから考えます。