VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

雑談:『 READ BANNED COMICS 』 ( CBLDF, 2018 )

 今回もレビューと言うか雑談ですね。
 
 今回ご紹介するのは CBLDF という団体が発行した『 READ BANNED COMICS: A GUIDE TO BANNED, CHALLENGED, AND CONTROVERSIAL COMICS AND GRAPHIC NOVELS 』というリーフレット。 CBLDF とは正式名称を” COMIC BOOK LEGAL DEFENSE FUND "といい、コミックの文化的価値とクリエイターの権利を守る NPO 団体。色々手広くやってる団体なので名前を見聞きしたことがある人も多かろうかと思います。


 んで、今回のリーフレットは図書館などで検閲を受けて禁書扱いされてしまったコミックの一部を紹介したもの。
 私も多少知識はあったからエログロばかりとは思ってなかったものの、あらためてその理不尽っぷりにはそこそこ驚かされました。

 『 THE AMAZING SPIDER-MAN: REVELATION 』とか911を題材にした名作#36も収録されているってのに MJ のビキニ姿が1枚あっただけで有害指定図書扱いってちょっとひどくないすかね。あーいや、それともこれ図書館のパソコンでいかがわしいサイト閲覧しててメイおばさんに見咎められた少年のせいか?どちらにせよ容赦なさ過ぎかと。


Amazing Spider-Man Vol. 2: Revelations (Amazing Spider-Man (1999-2013)) (English Edition)

『 SEX CRIMINALS 』なんかはタイトルやあらすじからは排斥されて当然と思うような人もいるかもしれないけれど、ぶっちゃけそこらの保健体育の教科書よりよっぽど性についてちゃんと扱ってるし(詳しくは以下のレビュー記事を参照されたし)、むしろ推奨したいくらいなんですがね。


 性や暴力が満載な作品の子供に対する影響を心配する大人の気持ちはわからんでもないけれど、個人的にゾーニングは解決策じゃないと思うんだ。
 選択肢を増やすならまだしも減らすのは歪みしかもたらさないよ。

 『 READ BANNED COMICS: A GUIDE TO BANNED, CHALLENGED, AND CONTROVERSIAL COMICS AND GRAPHIC NOVELS 』は CBLDF のホームページでも閲覧できるようなので興味が湧いた方は是非ご覧あれ。

 
関連記事

www.visbul.com
www.visbul.com