VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

雑記:寄せ集め

 例のごとく油断してると全然記事上がらないのでここ最近思ったことを箇条書きにつらつらと。
 *『 HEROES IN CRISIS 』#1のネタバレを若干含みます。


・最近贔屓にしていたニュースサイトでフィッシング詐欺サイトに誘導されて以来、怖くてそのサイトを避けているのですが、代用で使っている別のサイトもちょっと難ありでここ数週間はコミック関連の時事に追いつけきれてない状態です。


・それでも一応 NYCC に関するネタはざっと見渡したものの、うーん、何というか個人的に思ったほど話題性のある発表はなかったかな、というのが正直な感想。

 DC からのブライアン・ベンディス新レーベルというのはちょっと気になるけれど、私はジェフ・ジョーンズ版『 TEEN TITANS 』頃の人間なので直前の『 YOUNG JUSTICE 』にゃそれほど思い入れないし、ジョナ・ヘックスの子孫よりは彼本人の活躍が見たいしで微妙にずれてるというか……(てか『 JONAH HEX 』の新装版刊行はまだですかね?)。
 

・ハーヴェイ賞を獲った『 MONSTRESS 』、そのうちそのうちと思いながら未だチェックできてない状態です。そろそろ読みたい……。


Monstress #1

 マンガ部門で永田カビ(例のごとく敬称略です。あしからず)のさびしすぎてレズ風俗に行きましたレポが受賞したようで。好きな作品だったので嬉しい嬉しい。

 受賞者の方々はおめでというございます。


ハーヴェイ・カーツマンといえば最近少しずつ『 TRUMP 』読んでるんだけれど、こいつが中々面白い。『 MAD 』の後継誌的なユーモア・アンソロジーで諸事情により僅か2誌で打ち切られてしまったものの、カーツマンの他にウォリー・ウッドジャック・デイヴィスなども参加。大変密度が濃く、読み応えがある。デイヴィスのアートが渋くて好みだなあ。


TRUMP: The Complete Collection- Essential Kurtzman Volume 2


・何やら SNS 上で児童文学の表紙イラストが話題になっているようで。多少ジェンダーの問題も絡んでいるようなので一緒くたに語れないことはわかっていつつも、 DC やマーベルでアーティストなどが交代した時に掲示板とかでよく見る光景と根は一緒、要は好みの問題かと。

 究極的には読む本人が読みたいものを読みたいだけ読んで、読みたくなけりゃ読まなきゃいいというだけの話じゃないですかね。


・同じ光景といえば最近 NETFLIX で『シュタインズ・ゲート ゼロ』を観たんですが、世界線が収束してどうやっても大切な仲間を失って絶望するオカリンの姿が、『 REBIRTH 』で復活したばかりなのに『 HEROES IN CRISIS 』で命を落としてしまったウォーリーに絶望するアメコミ読者と重なって見えました。
 ウォーリーが大活躍している世界線はどこですかね。


 以上、ここ最近思ったことをつらつらとでした。

 次はまともな記事あげようと思います!