VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

スタティック・ショック新画像公開!

 アイズナー賞受賞経験もあるアーティストのカイル・ベイカーが、ツイッター上でスタティック・ショックの新画像を公開した。

f:id:C3rdP:20180615065758j:plain
Image Credit: Kyle Baker / DC Comics

 DC は昨年10月に今はなきマイルストーンのキャラクターを復活させる” EARTH M ”という新レーベルの立ち上げを発表しており、ベイカーは新シリーズ『 STATIC SHOCK 』のアーティストとして名が挙がっていた(ライターは『 BLACK PANTHER 』などで知られるレジナルド・ハドリン)。今回の新画像は初めて公開されたそのアートとなる。

f:id:C3rdP:20180615075428j:plain
Image Credit: DC Comics

 スタティック・ショックことヴァージル・ホーキンスは、かつてDCからアフリカ系アメリカ人のキャラクターをクローズアップする目的で設立された”マイルストーン・コミックス”というレーベルから1993年に刊行された『STATIC #1』でデビューしたキャラクター。

 ギャング間戦争に巻き込まれて試薬を浴びてしまった影響で電気を操る力を手に入れ、スーパーヒーローを志すようになる。

 ライターのドウェイン・マクダフィーやアーティストのデニス・コーワン、それにマイケル・デイビスデレク・ディングルなどのクリエイターによって生み出された彼は、高校生活を送りながらスーパーヒーローとしても奮闘するマイルストーン版スパイダーマンとしてレーベルを代表するキャラクターへと成長した(元々はマーベルからデビューする話もあったとか)。

 残念ながらマイルストーン自体は97年に売上の低迷などの理由から撤退を余儀なくされたものの、スタティックを始めとした一部の人気キャラはその後DCユニバースに吸収される形で活躍し続けた。


Static Shock Vol. 1: Supercharged(最近のNEW52版)

 ことスタティックは2000年に映像化されカートゥーン『 STATIC SHOCK 』として好評を博し、その後もあちこちのDCカートゥーンに登場するようになる。『 YOUNG JUSTICE 』の第2シーズンに登場したことも記憶に新しい。

 そんなスタティックの新シリーズ『 STATIC SHOCK 』にアーティストとして抜擢されたカイル・ベイカーは、黒人のキャプテン・アメリカを描いた『 TRUTH: RED, WHITE & BLACK 』(MARVEL)やアイズナー賞5部門制覇の『 PLASTIC MAN 』(DC)などを手がけたことで知られるクリエイター。
 カートゥーン調とリアル調がミックスした独特のアートや、軽妙ながら社会派なストーリーテリングなどで高い評価を得ている。
 人種差別問題がテーマの作品も『NAT TURNER』など数多く手がけており代表作を数え上げればキリがない。

 当初2018年春に刊行開始が予定されていた『 STATIC SHOCK 』だが何らかの事情でスタートが遅れていた。今回の新画像公開は引き続き製作が進められていることを示し、ファンを安堵させるものになりそうだ。

 ” EARTH M ”レーベルからは他にも『 DUO 』『 LOVE ARMY 』『 EARTH M 』といった作品の刊行が予定されており、『 STATIC SHOCK 』と共に今後も動向が注目される。