VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

『 ICEMAN 』まさかの連載復活!

 本日、マーベルコミックスはシナ・グレースネイサン・ストックマンによる新連載『 ICEMAN 』の刊行を発表した。

f:id:C3rdP:20180614062817j:plain
Image Credit: W. Scott Forbes / Marvel


 X-MENのメンバー、アイスマンことボビー・ドレイクが主役の本作。
 ライターのシナ・グレースは2017−18にかけてもアイスマンのソロタイトルを扱っており、そちらのシリーズは売上低迷により終了してしまった(ただしグレースは切りの良いところで完結させたと語っている)ものの、その後ファンからのメールや投書が相次いで押し寄せたということで、今回の連載復活はそれに応える形で実現したという。

 肝心の内容についてだが、今回は地下の下水道に住むミュータント集団”モーロックス”のメンバーが次々と姿を消していることに気づいたボビーがその謎を探るという内容になるという。

 またグレースへのインタビューによると、本作は”アイデンティティの追究”を大きなテーマの1つとしており、ボビー・ドレイクがミュータントとして、また1人の人格として自らの居場所を探し求める内容になるとか。

 本作でアイスマンの脇を固めるキャラクターとしては現在、彼と共に事件を捜査するビショップやX-MENのゴールドチームのリーダーを務めるキティ・プライドなどの名が挙がっている他、ジュビリーも#1にカメオ出演の予定。さらに#2には驚きのキャラが登場するとか。
 
 本作のインテリア・アートを担当するネイサン・ストックマンはこれまで『 THE AMAZING SPIDER-MAN: RENEW YOUR VOWS 』などを担当してきたアーティスト。
 勢いのあるアクションが持ち味で、『 X-MEN: BLUE 』を担当していたこともあり、(過去バージョンだけど)アイスマンを描くことも既に経験済み。
 本作への抜擢も十分うなずける。

f:id:C3rdP:20180614062845j:plain
Image Credit: Nathan Stockman / Marvel
f:id:C3rdP:20180614062855j:plain
Image Credit: Nathan Stockman / Marvel
f:id:C3rdP:20180614062904j:plain
Image Credit: Nathan Stockman / Marvel

 ユーモア豊かな人間味溢れる人格の持ち主でありながら、ミュータントとして最強レベルの能力を有するアイスマン。最近は同性愛者であることが判明したり、『X-MEN: GOLD 』でチームを率いて活躍したりと中々身の回りが騒がしかったが、今後ますます賑やかになりそう。

 本作は9月12日#1が刊行予定。

 以下のリンクはマーベル公式サイトに掲載されたライター、シナ・グレースのインタビュー記事。
news.marvel.com



最新シリーズに先立ち、シナ・グレースが同じくライティングを担当した前シリーズもチェックしてみよう。

Iceman (2017-2018) #1