VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

『 CEMETERY BEACH 』 - 『 TREES 』のタッグが送る最新作!

 先程、インデペンデント系の大手IMAGEからウォーレン・エリスジェイソン・ハワードによる最新オリジナル作品『 CEMETERY BEACH 』の刊行が発表された。
imagecomics.com

 本作はとある理由から拷問部屋に閉じ込められていた熟練探検家が、若き殺人鬼の女性の協力を得てそこから脱出し、狂人だらけの秘境を駆け抜けるという内容。

 エリスとハワードは以前『 TREES 』というオリジナル作品でタッグを組んでいたものの、2016年の#14以来休載が続いている。

 
Trees #1

 しかしエリスはツイッター上で既にライティング作業を終えていることを発表、ファンの不安を払拭した。

 また、同時に休載が続いていた『 TREES 』に関しても再開することをほのめかした。

 イメージの公開したサイトの文面によると、本作は最初の4ページで拷問部屋から脱出してからはラストまでひたすらアクションが続くようで、エリスは『It might be the most relentless action book I've ever written. (私が今まで書いたものの中で最も容赦のないアクション作品になるかもしれない)』と自信を覗かせる。

 全何冊になるかはまだ不明だが、ミニシリーズであることはほぼ間違いない。

 エリスは過去にもアクション満載の作品として映像化もされた『 RED 』(DC / WILDSTORM)を手がけている。


Red

 あの時以来の興奮をもたらすかもしれない最新作『 CEMETERY BEACH 』を要チェック!

 #1は9月12日に刊行される予定。