VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

予告画像公開!『スパイダーゲドン』に登場する蜘蛛の戦士達!


 先日黒塗りのバックに白抜きの文字のみでその刊行が発表された新スパイダーマンイベント『 SPIDERGEDDON 』
 今気づいたんだけれど、これタイミング的に映画『 SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE 』の販促コミック……ゲフンゲフン。

 さて、本日新たに公開されたティーザー画像では本作を担当するクリエイター陣と共に作中で活躍すると思しき15(ただし内1人は黒塗り)人のスパイダーメンが発表された。
 今回はこれら15人についてさっくりと紹介してみよう。

 まずはこちらのCBR.COMのリンクなどからティーザー画像をどうぞ。
 
www.cbr.com

1.スピネレット(メリー・ジェーン・ワトソン・パーカー)


Amazing Spider-Man: Renew Your Vows Vol. 1: Brawl in the Family

 ピーター・パーカーとメリー・ジェーンが結婚し、娘アニーが生まれた世界”アース-18119”出身。
 ヒーローとして復帰した夫、そして父親の力を継いでスーパーヒーロー活動に邁進し始めたアニーを見守るべく、自らもヒーローとして活動を始めた姿のメリー・ジェーン。
 彼女自身は常人だが、ピーターが開発した(正確には改造だけど)スーツにより彼の能力をシェアできるように。

2.スパイダーマン2099(ミグエル・オハラ)


Spider-Man 2099 Volume 1: Out of Time

 2099年を舞台にマーベルの次世代ヒーロー達が活躍する”アース-928”……とある時点で分岐した”アース-TRN588”出身。
 優秀な遺伝学者として大企業に勤めていたが、雇い主や同僚とのトラブルなど偶然に偶然が重なった結果、誤って自分の遺伝子に蜘蛛のそれを混入(このあたりは正直ややこしいのでかなり割愛)、結果的に蜘蛛の能力を経た。スパイダーマンと似た能力の他にも毒や爪なんかも持つ。
 現代にも頻繁にやってきており、616のピーターとも親しい仲にある。

3.シルク(シンディ・ムーン)


Silk Vol. 0 : The Life and Times of Cindy Moon (Silk (2015))

 ピーターを噛んだのと同じ蜘蛛に噛まれた女性。蜘蛛の能力を持つ者達を探し、彼らを狙うモーランとその一族から保護するべく奔走していたエゼキエルという人物によって保護されるものの、彼の死などもあり長らく社会から隔離されていた。
 最近になりその存在を知ったピーターに救い出され、以後自らもスーパーヒーローとして活動し始めた。現在は S.H.I.E.L.D. に所属している模様。
 同じ蜘蛛に噛まれた影響からかピーターとは引かれ合う存在にあり、マルチバース越しにも彼の存在を感知できる。

4.ツムツム・スパイダーマン


ツムツム L マーベル スパイダーマン Spider-Man ''Tsum Tsum'' Plush - Large - 18'' [並行輸入品]

 
 多分ディズニーのツムツムとマーベルヒーローがコラボした際に登場したスパイダーマン型ツムツムかと。買収のなせるわざ。ハムはどうした。

5.スパイダーグウェン(グウェン・ステーシー)


Edge of Spider-Verse #2 (of 5)

 ピーター・パーカーの代わりにグウェン・ステーシーが蜘蛛に噛まれた”アース-65”出身。
 ヒーローとして活動を始めたが、ある時いじめに耐えかねたピーターが自らをリザード化したと知らず彼と対決し、誤って彼を殺してしまい、以後は追われる身となる。

6.スパイダーマン(マイルス・モラレス)


Miles Morales: Ultimate Spider-Man Omnibus (Miles Morales: the Ultimate Spider-man)

 いわゆる”アルティメット・ユニバース”と呼ばれる”アース-1610”出身。
 おじが企業から盗み出した研究データを元に作り出した蜘蛛に噛まれた結果、ピーターと同等の能力を得る。
『 SECRET WAR 』を経て現在は616で活躍している。
 近々名前が変わるコスチュームが変わるという話もあるので、このティーザー画像通りに登場するかちょっと怪しいぞ。


* 7.ウェブスリンガー(?)

 2丁拳銃を手にする西部のガンマン系スパイダーマン。コミックでの詳細は不明だが、カートゥーン『 ULTIMATE SPIDER-MAN 』に登場する”ウェブスリンガー”というキャラではないかと。
 2014年の『 SPIDER-VERSE 』にもカウボーイハットを被る西部劇風の人物が確認できるため、これと同一人物かと思われる。

7.スパイダーマン・ノワール(ピーター・パーカー)


Spider-Man Noir #1 (of 4) (Spider-Man Noir Vol. 1)

 訂正。よくよく見たらこれ"アース-90214"出身のノワール版スパイダーマンでしたわ。好きなのになんで気づかんかったんだろ。コートがないからか。
 この世界のピーターは大恐慌時代に育った人物で、不思議な蜘蛛の像を誤って割った際に溢れ出した蜘蛛の1匹に噛まれて特殊能力を得た。拳銃を持ち歩いてはいるものの、メイおばさんに殺人を諌められてからは使うことに躊躇いを覚えるようになっている。

8.スパイダーマン(ピーター・パーカー)


Free Comic Book Day 2018: Amazing Spider-Man/Guardians Of The Galaxy #1

 ご存知我らが”アース-616”の蜘蛛男。
 当初このイベントではブラックコスチュームを着るのではという話があったもののどうやらいつものスタンダードスーツで登場する模様。やはり映画と同じスーツの方が販促コミックとして……おや、誰か来たようだ。

9.スカーレット・スパイダー(ベン・ライリー)


Ben Reilly: Scarlet Spider (2017-) #1

 
 ジャッカルことマイルス・ウォーレン教授によって生み出されたピーター・パーカーのクローン。
 90年代に物議を醸した『 CLONE SAGA 』で初登場し、一時は引退したピーターの代わりにスパイダーマンとして活動していたこともある。
 ノーマン・オズボーンの手で殺害されたが、最近『 CLONE CONSPIRACY 』で新たな肉体を経て復活。しかしその際に歪んだ正義感を抱えるようになってしまい、新ジャッカルとしてピーターとも対立。
 現在はラスヴェガスで活動しながら少しずつ軌道修正中か。

10.?????

 ティーザーで唯一黒塗りで正体が隠されている人物。色々と想像が膨らむ。

11.スペリオール・スパイダーマン(オットー・オクタヴィアス)


Superior Spider-Man #14

 死を目前にしたドクター・オクトパスがピーターの肉体を乗っ取りヒーロー活動をしていた頃の姿。これ自体は最終的に改心しピーターに肉体を明け渡すものの、まだ傲慢だった頃の人格はアシスタントロボットの中に残っており、『 CLONE CONSPIRACY 』で新たなピーターの肉体を手に入れた。
 ただ、それ以来スーツの容姿は変わっている筈なのであるいはパラレルワールドの存在かも。

12.スパイダーガール(メイ・パーカー)


Spider-Girl: The Complete Collection Vol. 1

 ピーターとメリー・ジェーンが結婚した別の未来世界”アース-982”出身で2人の間に生まれた娘。父親とそっくりの能力を有し、ベン・ライリーがスパイダーマンとして活躍していた頃のスーツを着てヒーロー活動を行っている。
 2014年の『 SPIDER-VERSE 』以降は他の並行世界のスパイダーメンらと共に蜘蛛の戦士なき世界を救済すべく活動していた。

13.スパイダー・ウーマン(ジェシカ・ドリュー)


Ultimate Spider-Man (2000-2009) #98

 マイルスと同じアルティメットユニバースこと”アース-1610”出身。
 ドクター・オクトパスが米国政府に命じられて作り出したスパイダーマンのクローンの1人。同様の存在が他にも何体か生み出されており、差異を生むために女体化したものと思われる(ということにしておこう)。
 現在はアルティメッツの一員としても活動している模様。

14.スパイダー・ウーマン(アシュリー・バートン)

 ヴィランの一斉襲撃によりウルヴァリンを除くヒーロー達がほぼ一掃された”アース-807128”出身。
 ピーターの娘トーニャ・パーカーとクリント・バートンとの間に生まれた娘。衝動的で跳ねっ返りな性格をしておりヒーローとしてはやや未熟かも。

15.スパイダーパンク(ホバート・ブラウン)

 ノーマン”オジー”オズボーンが大統領となった”アース-138”出身。
 放射性廃棄物で汚染された蜘蛛に噛まれて能力を得た青年で、616でヴィジランテ”プラウラー”として活躍している人物と同姓同名である。
 パンクロックに傾倒しており、エレキギターを持ち歩く。過激な性格で相手を殺害することも厭わないやや危険な人物。

 
 取り敢えず今回ティーザーに登場した者だけを紹介したが、他にもスパイダーマン型外骨格スーツ"SP//dr"を身に着ける”アース-14512"のペニ・パーカーなんかも近刊予定となっているプロローグ・ミニシリーズから登場することがほぼ確定となっている。

 最終的にどれだけのスパイダーメンが集まるのか、また彼らが立ち向かう敵は何なのかなどまだ謎の多い『SPIDERGEDDON』から今後も目が離せない!

 関連記事:
www.visbul.com