VISUAL BULLETS

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

早くも予想合戦が過熱!『アベンジャーズ』第4弾のタイトル


Marvel's Avengers: Infinity War Prelude

 さあ、今日も MCU の話題だ。

 今回はアベンジャーズ・シリーズ第4弾のタイトルに関する議論を取り扱おうと思う。
 まだ第3弾である『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も公開してないのに、既に副題の予想合戦が始まっている第4弾。
 その候補として挙げられているものをずらっと見ていこう。

1.AVENGERS / INFINITY GAUNTLET


Infinity Gauntlet #1 (of 6)

 現在最も可能性が高いと言われているタイトル。
 元々第3弾と第4弾は合わせて『 AVENGERS / INFINITY WAR PART 1 & 2 』となっていたものの、2016年の7月に突如第4弾のタイトル変更が発表された。
 どうやら第4弾のタイトルは第3弾のネタバレになるという理由で現在まで発表されていないらしいが、もし第4弾のタイトルが『アベンジャーズ/インフィニティ・ガントレット』だとすれば、それはつまりサノスが『インフィニティ・ウォー』で全ての石を揃え、インフィニティ・ガントレットを完成させることを示唆するため、この説はある程度説得力がある。
 だがほとんどのファンにとって予定調和と思われているこの展開を今更隠す必要性があるのか、やや疑問ではある。

2.AVENGERS / SECRET INVASION


Secret Invasion #1 (of 8)

 
 2019年公開予定の『キャプテン・マーベル』は原作コミックの『クリー=スクラル・ウォー』を原案にすると言われている。”クリー”とは既に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で登場したローナンの種族、そして”スクラル”とはそれと長年敵対してきた変身能力を有する種族のことだ。
 アベンジャーズ第4弾が『キャプテン・マーベル』を挟むことから、このスクラル星人が地球へ侵攻する原作コミックエピソード『シークレット・インベージョン』が MCU でも実現すると目されている。
 ただしこれは第4弾の副題ではなく、それ以降という意見も。
 何にせよ、スクラル星人が既に MCU の誰かになりすましているという噂もあるので今後注意して見る必要がありそうだ。

3.AVENGERS / ANNIHILATION


Annihilation #1 (of 6)

 
 最近になって取り上げられた説(出処は海外コミックニュースサイト COMIC BOOK RESOURCESの下の記事か)。

www.cbr.com

 『 ANNIHILATION 』とは原作のマーベル・コミックで2006年に展開されたイベント。あのサノスさえ震え上がらせる異次元ネガティブ・ゾーンの支配者 ANNIHILUS の脅威に、スター・ロードやノヴァといったヒーロー達が立ち向かうという内容のもので、それまで下火になりつつあったマーベル・コズミック界の人気を再燃させるきっかけともなった。
  ANNIHILUS に関しては『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の監督ジェームズ・ガンが以前から登場させたいと語っていたものの、ファンタスティック・フォーヴィランである彼はフォックスが映像化権を握っていたためこれまでは実現しなかったとされている。
 ディズニーがフォックスを買収したのはごく最近なのでアベンジャーズ第4弾に与える影響はごく僅かと言われているが、先の『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス』に登場したエゴについても映像化権をフォックスが握っていたのを(交換条件付きで)譲渡して貰えた前例もあるので全く不可能でもないだろう。
 加えてマーベルが最近になってこの原作『 ANNIHILATION 』の新装版を刊行する動きを見せているのも、第4弾のタイトルが『インフィニティ・ウォー』で発表されるのに備えているのではないかと目されている。
 あるいは『インフィニティ・ウォー』のラストで、サノスを超える敵として ANNIHILUS が登場するのかもしれない。

*なお、” ANNIHILUS ”及び” ANNIHILATION ”に関しては日本語表記での読み方にいくつかパターンがあるので英語表記とした。

4.AVENGERS / DISASSEMBLED


Avengers: Disassembled (Avengers (1963-1996))

 現在 MCU で最も悩み多き人物といえばスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフだ。
 ウルトロンとの戦闘で愛する弟を失い、またアベンジャーズ活動中に一般市民を傷つけるなどして良心の呵責に苛まれる彼女。今回の『インフィニティ・ウォー』ではさらに、これまでそんな彼女を支えてきたヴィジョンが絶体絶命のピンチに陥る。
 万が一、ヴィジョンがサノスに殺害されるなんてことになれば、最早ワンダの精神の均衡を保つ存在はいなくなる。
 映画第4弾はそんな彼女が暴走してアベンジャーズのメンバーを次々殺害するという、良くも悪くも有名な原作エピソード『 AVENGERS: DISASSEMBLED 』が原案になるかもしれない。

 ちなみに『AVENGERS ASSEMBLE』という説もたまに見かける。

5.ULTIMATE AVENGERS or ULTIMATES


Ultimates Vol. 1: Super-Human (The Ultimates trade paperbacks series)

 サノスに立ち向かうためアベンジャーズがタイム・トラベルするのではないかとも噂される第4弾。クリス・エヴァンスなど MCU から離脱すると目されているキャストの交代にタイム・パラドクスで説得力を与え、同時に心機一転を図る意味で”アベンジャーズ”というチーム名も”アルティメッツ”などに変わるのではという説も。
 元々 MCU は原作コミックのアルティメット・ユニバースからも大きな影響を受けているのであり得ない話ではないものの、もしこれが実現したらその原作コミックでは一旦お蔵入りしてるこの世界観を逆輸入するのにまたドタバタしそうだな…。


 以上が現時点での主だった第4弾タイトル候補だ。あなたがこれだと思う副題はあっただろうか?
 『インフィニティ・ウォー』公開まで待ちきれないという人は是非とも議論に参加してみよう。



2018年4月14日更新:

6. AVENGERS FOREVER(4EVER)

 さらに NEWSARAMA が『AVENGERS FOREVER』という説を提唱。
 
www.newsarama.com

『AVENGERS FOREVER』とは原作コミックで90年代に展開されたイベントの名前で、時間旅行者カーンに狙われたリック・ジョーンズ(ハルクの相棒的存在)が様々な時代から集結したアベンジャーズと共に立ち向かうという内容。


Avengers Forever

 上の記事では他にも、公表された撮影風景に写っているソーやキャプテン・アメリカが『アベンジャーズ』第1弾の姿であるのに対して、アントマンの着衣が『アントマン2』のものであることを指摘し、時代が混在していることから、やはり第4弾でアベンジャーズがタイム・トラベルする可能性が高いことについても言及している。