VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

『アベンジャーズ3/IW』大胆予想:ソウルストーンはどこにある!?


Marvel's Avengers: Infinity War - The Art of the Movie (Marvel's Avengers: Infinity War - The Art of the Movie (2018))

 いよいよ公開まで残り1ヶ月を切ったアベンジャーズ第3弾『アベンジャーズ/インフィニティーウォー(以下 IW )』。2008年の『アイアンマン』以来10年間18作かけて積み上げてきた MCU の総決算ともいうべきこの作品に全世界が盛り上がる中、様々なところで議論を巻き起こしているのが最後のインフィニティ・ストーン、ソウル・ストーンの所在だ。

1.はじめに

 今更必要かわからないが念のため簡単に説明すると、今回の映画でアベンジャーズと戦うサノスが地球にやってくるのは”インフィニティー・ストーン”と呼ばれる石のいくつかを回収するため。
 このインフィニティー・ストーンとは、各々が特殊な効能を持ち、かつ全て集めると持ち主に絶大な力を与える6つの石のこと。これまでの MCU 作品でもキーアイテムとして幾度となく登場している。
 さらなる詳細は DVD を見返すなりググるなどして各自調べて頂くとして、まず現在所在が判明している5つについて列記すると

 そしてインフィニティ・ストーンの中でも最大の力を持つ6つ目にして、現在その行方がようとして知れないのがソウル・ストーンである。


Marvel Avengers Infinity War Infinity Gauntlet マーベルアベンジャーズインフィニティウォーインフィニティガントレット レプリカ [並行輸入品]

 今回の記事はこれまでのMCU映画やネットの海に漂っている情報などをもとにこれの行方を推理してみようと試みるものである。まあ、以前 Mr.OZ の正体について考察した時と同じようなアレなので軽い気持ちでお読み頂ければ。

2. T-H-A-N-O-S 説


Thanos (2016-) #1

 さて、本格的にソウル・ストーンの行方について考察を加えていく前に、まずはネットでやたらと目に付くこの説について解説したい。
 どこから出てきたのかは定かでないものの、これによるとマーベル・スタジオはインフィニティ・ストーンの所在に関して、各々のキーワードの頭文字を繋げると「サノス( THANOS )」になるよう仕掛けを施しているというのだ。

 具体的に言うとスペース・ストーンを内部に有するテセラクト( ”T”esseract )の T 、リアリティ・ストーンの別名であるエーテル( ”A”ether )の A 、タイム・ストーンであるアガモットの目をドクター・ストレンジが首にかけるネックレス( ”N”ecklace )の N 、パワー・ストーンを収めるオーブ( ”O”rb )の O 、そしてマインド・ストーンを一時期装備していたロキの杖( ”S”cepter )の S …という具合にキーワードの頭文字を繋げると T-H-A-N-O-S というスペリングの内5つを占めるため、ソウル・ストーンは残りの ”H” に関係する場所あるいは人物のもとにあるという仮説だ(それぞれのキーワードには諸説あるかも)。

 正直ちょっとこじつけが強い気がするものの、ソウル・ストーンの所在を推測する足がかりとして結構な数のファンがこれを支持しているため、ここにも念のため記しておくことにした。

3.候補諸々

 ではまず、ソウル・ストーンの所在あるいは所有者として考えうる候補で有力そうなものをここでざっと論じていきたい。 

1) HEIMDALL


Thor Idris Elba Heimdall映画ポスターミニポスター11 inx17inマスター印刷

 海外の掲示板などで一番有力視されているのが「ヘイムダル所有説」だ。
 千里眼を持つアズガルドの神の1人で、9つの世界を見渡す能力を有するヘイムダル。『マイティ・ソー/バトルロイヤル』も生き残り、 IW にも登場すると目されている彼がソウルストーンの持ち主であると目される理由はいくつかあり、その1つが上で説明した T-H-A-N-O-S 説( ”H”eimdall の H )。さらにソウル・ストーンはオレンジ色をしていると言われているが、彼の瞳も同じ色に輝く場面があることや、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にてソーが目にした光景でヘイムダルが盲目になっていたことなどがこの説を支えている。
 しかし『ソー/ダーク・ワールド』においてリアリティ・ストーンを回収したアズガルドの神々がコレクターにそれを預けた際、その理由が当時既にスペースストーンを所有していたため「一箇所に2つ以上の石を一緒にしておくべきではない」というものであったことを考えると、少々矛盾しているかもしれない。

2) WAKANDA


Marvel's Black Panther: The Art of the Movie

  IW で大規模な衝突の舞台となることが予告編からも既に明らかとなっているワカンダ。ブラックパンサーの治めるここをサノスが攻め込むのはソウル・ストーンが保管されているからという説がある。
 確かに最後のインフィニティ・ストーンがこの隠れた超大国に隠されていたとすれば、これまでサノスの目を逃れてきたのも納得できる。
 そしてこれを示唆しているのが『ブラックパンサー』に登場したワカンダ産のハート型植物。この説を支持する意見によると、これこそソウル・ストーンの仮初の姿だということで、これは T-H-A-N-O-S 論者からも ”H”eart の H の頭文字があるため一定の支持を得ているようだ。

 ただ『ブラックパンサー』を監督したライアン・クーグラーはインタビューで本作が単体としても観ることができるよう、インフィニティ系の要素は含めなかったと語っている他、サノスがワカンダを襲撃することについてもこれはソウル・ストーンを狙ったものではなく、マインド・ストーンを有するヴィジョンがここに逃げ込んだからだという意見もある。

3) ADAM WARLOCK


Annihilation: Conquest #3 (of 6)

 原作コミック内でソウル・ストーンと最も関わりのあるキャラクターは超人アダム・ウォーロックだ。ハイ・エボリューショナリーという存在からこの石を譲り受けた彼は、長らく行動を共にしていた。

 現在『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(以下 GotG ):リミックス』のクレジットなどにおいて孵化器の状態としてのみ MCU に登場している彼だが、 IW でソウル・ストーンの所有者として爆誕する可能性はゼロではない。また、この説についても彼はコミック内で「 ”H”im (彼)」と呼ばれることが多いことから T-H-A-N-O-S 論者から有望視されている。

 もっとも GotG の監督であるジェームズ・ガンはアダムの IW 登場を否定しているため、むしろ IW 以降にサノスの手を離れたソウル・ストーンが GotG の第3弾でアダム誕生の鍵を握るという展開の方が現実的かも知れないが…。

4) NICK FURY AND/OR HAWKEYE


ムービー・マスターピース アベンジャーズ 1/6スケールフィギュア ニック・フューリー

 今のところ予告編で声がちらっと出るだけで存在感がかなり薄い元 S.H.I.E.L.D. 長官ニック・フューリー。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以来 MCU に姿を見せていない彼が IW に登場する可能性は極めて高いが、そこでソウル・ストーンを手にしていたとしてもこのスーパースパイなら不思議はない。
 また、 T-H-A-N-O-S 説に倣うなら ”H” といえば原作コミックで文字通りその頭文字を額に貼り付けていたホークアイことクリント・バートンも候補となる。


Avengers: Hawkeye - Solo (Avengers: Solo)

 予告編に姿を見かけなかった彼らは今頃、共に最後のインフィニティー・ストーンを探しているのかも知れない。

5 )NEBULA


GUARDIANS OF THE GALAXY ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー - NEBULA / インテリア 【公式 / オフィシャル】

 養父である父親に愛憎入り交じった感情を向けるネビュラ。『 GotG :リミックス』において1人旅立った彼女がサノスに対抗するための手段として、あるいは最強のインフィニティ・ストーンを手に入れているかもしれない。
 ただ原作コミック内でも彼女は別の形で立ち回るし、いくら灯台下暗しといってもこれはちょっと可能性が低いかも。

6) STEVE ROGERS


Steve Rogers: Super-Soldier - The Complete Collection (Steve Rogers: Super-Soldier (2010) Vol. 1)

  IW 予告編の終盤、サノスの伸ばす手を必死に食い止める姿を見せたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャーズ。その勇姿に「痺れた!」「カッコイイ!」といった感想も数多く寄せられる一方、中には「いやいや、いくらキャップでもサノスを押し返すのは流石に強さ補正し過ぎでしょ!」と述べる者も。
 確かに”マッドタイタン”の異名を持つサノスの強さはインフィニティ・ストーン抜きでもマーベル最強クラス。ハルクならともかく、石を2つ既に有している彼とスティーブが単純な力比べで引き分けるというのはやや無理がある気もしないではない。

 だが彼もまたインフィニティ・ストーンの1つや2つを手にしており、その影響下にあると仮定すれば話は別だ。スティーブはサノスに十分対抗できようし、そもそも石を欲するサノスがスティーブに手を伸ばす状況にもある程度説明が付く。
 もしかするとソウル・ストーンを所持しているのはスティーブなのかもしれない。 

7) EARTH


Earth - Our Planet Framed Mini Poster - 14.7x10.2cm

 でっかい視野で物事を見渡してみよう。
 改めて考えるとこの広い宇宙で地球ばかりこんなにインフィニティ・ストーン絡みのトラブルに見舞われたり、さらには石自体も2つあるというのは偶然にしては少々出来すぎている。

 もしかするとこれらは6つの石の中で最も大きな力を有すソウル・ストーンが他を引き寄せているからとは考えられないだろうか。

 木を隠すなら森の中。まさか我々の住むこの惑星こそが最後のインフィニティ・ストーンなどとは誰が想像しよう。だが液状になることさえあるこれらの石に大きさなど関係あるまい。手のひらサイズに縮小して余裕でインフィニティ・ガントレットに収まることだろう。
 ただし。
 この場合、サノスが全ての石を集めた際にはソウル・ストーンである地球が事実上消滅してしまうため、予告編で彼が「人類の半分は生き残るだろう」と言っていたのと矛盾する。そうなったら人類は全滅しちゃうじゃない。 

4. TONY STARK


Tony Stark(Iron Man) トニー・スターク(アイアンマン) インテリアグラフィックボード [Marvel マーベル アベンジャーズ シビル・ウォー] アートパネル【映画・キャラクター・スター グッズ・雑貨】

 で、個人的に最も推したいのが「トニー・スタークことアイアンマンこそがソウル・ストーンの所有者である、あるいはソウル・ストーンそのものの化身である」という説。
 一見するとかなりぶっ飛んだものに聞こえるだろうが、スター・ロードが生きた惑星の息子な MCU だ。全くありえない話でもない。

 まず、各インフィニティー・ストーンに関してこれまで
スペース・ストーンは『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』、
マインド・ストーンは『アベンジャーズ』及び『同/エイジ・オブ・ウルトロン』、
リアリティー・ストーンは『マイティー・ソー/ダーク・ワールド』、
パワー・ストーンは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、
タイム・ストーンは『ドクター・ストレンジ
と、それぞれのキーアイテムとして物語に深く関わってきた。

 だがアイアンマンに関して言えば、これまで彼のソロタイトルで石のどれかが話に作用してきたことはほぼない。 MCU の先陣を切った彼が今までインフィニティー・ストーンとほとんど関わりないままここまで来たのは改めて考えると妙だ。
 キャプテン・アメリカ、ソーと並んでアベンジャーズのビッグ3とも呼ばれる中心人物である彼がこれまで MCU の根幹を成すこれらの石と一切関わりがなかったのは、ソウル・ストーンが彼の中にあるから、あるいは彼自身だからとは考えられないだろうか。

 また、トニーがソウル・ストーンを所有していながらそのことをまだ自覚していないという可能性もある。つまりソウル・ストーンがトニーの意志と関係ない場所で彼の一部となったのだとすれば、まさか石が人の形をなすなど普通なら考えが及ぶまい。これまでサノスの捜索から逃れてきたのも納得できる。

 ではこの場合、トニーはいかにしてソウル・ストーンを有するに至ったのか。
 そこには多少なりとも他のインフィニティー・ストーンと関わりのあった彼の父、ハワード・スタークの関与があったと考えられる。

 原作コミックのアルティメット・ユニバースにおいてハワード・スタークは実験中の事故に巻き込まれて生まれたトニーの肉体に改造を施している。


Ultimate Iron Man Vol. 1

  MCU でも例えばトニーが何らかの理由から命の危険に晒された際、ハワードが息子の命を救うため偶然所持していたソウル・ストーンを使用する可能性は十分あるだろうし、これなら原作コミックの世界では命を自在に操るソウル・ストーンの用途ともある程度合致する。
 そして、トニーとハワードのギクシャクした関係も過酷な運命を息子に負わせた父親の罪悪感に起因するのだとすればそれなりに説得力がある。

 さらに T-H-A-N-O-S 論者のためダメ押しするなら、トニーがソウル・ストーンを所持している場合、それは彼の力の源であるリアクターの埋め込まれている心臓( ”H"eart )にあるとか。
 
 これが私が「トニー・スターク=ソウル・ストーン」説を支持する理由だ。状況証拠ばかりで仮説としてかなり弱いことは十分自覚している。しかし、 MCU 第1作目の主人公である彼が巡り巡って最後のインフィニティ・ストーンの所有者だなんて、事実だとすればちょっと因縁めいているではないか。


アイアンマン(字幕版)

”YOU ARE THE FINAL STONE.”
IW のクライマックスではサノスが膝を着いたトニーにそう告げるシーンがあるかもしれない。

 
 以上がソウル・ストーンに関する私なりの考察である。ツッコミどころはたくさんあるだろうし、今回取り上げられなかった候補もまだあるだろう。
 何にせよ、後3週間で全てが明らかになる『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』を期待して待ちたい。

 今後も IW 大胆予想シリーズをいくつか記事にしようと思うのでどうぞよろしく。

番外編: MADOKA

  MCU では「ソウル・ストーン」と呼ばれるこれだが、実は原作コミック内だと「ソウルジェム」と呼ばれることもある。
 ということは、だ。ソウルジェムの所有者は…

「クラスのみんなには内緒だよ!」


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)


魔法少女まどか ☆ マギカ ソウルジェム 【ネックレス】と 指輪 5種類全セット

…はい、冗談です。ごめんなさい。