VISUAL BULLETS

原書レビューを中心に、MCUからクリエイターのトリビアまでアメコミに関する様々な話題をお届け

アメコミだけじゃない!スーパーヒーローがテーマの小説4選

 コミックや映画で大人気のスーパーヒーロー達。

 しかし超人たちの活躍が活字の世界でも堪能できるということは意外に知られていない。
 そんなわけで今回はスーパーヒーローをテーマにした小説作品(洋書)をいくつか取り揃えてみた。正統派な正義と悪の対決からちょっと変化球の作品まであるので興味を持たれた方は是非とも手にとって見てほしい。

 なお、今回のリストではマーベルやDCのノベライズといった作品は含めていないのでご容赦を。

1.SOON I WILL BE INVINCIBLE by Austin Grossman


Soon I Will Be Invincible: A Novel

 悪の天才 Dr. Impossible を主役に、ヴィランとヒーローが一大衝突に至るまでの過程とその顛末を描いた作品。
 本作を著した Austin Grossman はどちらかといえばゲーム畑の人間で代表作は DISHONORED シリーズなど。刊行当時は Bryan Hitch の描く Dr. Impossible が表紙だったものの、 Amazon とかを見る限り今は別のものになっている模様(仮面ライダーXに登場するアポロガイストの兜みたいに見えるのは私だけだろうか)。
  DC やマーベルのスーパーヒーローをモチーフにしたようなキャラクターが多数登場する群像劇の様相も呈し、派手な戦闘が行われる横で各々の人間ドラマが展開するクライマックスは中々迫力がある。

2.THE CAPE by Joe Hill


20th Century Ghosts (English Edition)

 空を飛ぶことができる不思議なマントを手に入れた男の姿を描いた Joe Hill による作品。短編集 20TH CENTURY GHOSTS に収録されている。
 ホラーの帝王 Stephen King の息子としても知られる Joe Hill は自身も現代ホラー界を大いに盛り上げているトップランナーの1人で、小説(個人的なオススメは FIREMAN )のみならず LOCKE AND KEY などコミックにも手を広げて活躍している。
 原作が小説の本作もコミカライズ作品やその派生作が IDW から出ており(ただしこちらに関しては Hill が直接ライティングに携わっているわけではない)、世界観が少しずつ広がっているのも興味深い。


20世紀の幽霊たち (小学館文庫)(日本語版)

3.A ONCE CROWDED SKY by Tom King


A Once Crowded Sky: A Novel (English Edition)

 現在 BATMAN や MISTER MIRACLE などのライターとして大活躍している Tom King の小説デビュー作。とある事件のせいでほとんどのスーパーヒーローが特殊能力を失った世界で、唯一その影響を免れた元サイドキックが再び世界に訪れようとしている危機に立ち向かう。
  WATCHMEN を思わせる陰謀的要素や911以降の米国社会を意識している世界観、それにまつわるキャラクター達の苦悩などが高く評価され、Kingがアメコミ業界から注目されるきっかけを作った。現在彼が手がける多くの作品に根底で通じる部分があり、そのルーツを知ることができるものとしても一読の価値がある。
 

4.WHO CAN SAVE US NOW? by Various


WHO CAN SAVE US NOW?(何故か裏表紙)

  Owen King と John McNally 編集によるスーパーヒーロー縛りのアンソロジー集。様々な書き手による20編以上のオリジナル短編が BATMAN INC. などでお馴染みのアーティスト Chris Burnham によるイラストと共に収録されている。
 中でも注目すべきは Scott Snyder による短編 THE THIRTEENTH EGG 。
 第二次大戦時に謎の実験に巻き込まれた後、奇跡的に生還した青年が徐々に変貌していく様を描いた作品。ホラーチックな変身譚とほろ苦い青春の1ページが絶妙にマッチしており、思わず重い溜息を吐きたくなるような読後感。
  Snyder は本作をきっかけにマーベルから見出され HUMAN TORCH のワンショットでコミック界デビューを果たした。
 そういう意味では彼の原点を知る上で結構重要だと思う本書だが意外にもその認知度は低く、2018年4月現在において Snyder の Wikipedia ページにも記載はなく、またアンソロジーであるためか Amazon などで Snyder の名を検索してもヒットしない。是非とももっと多くの人に読まれてほしいものだ。
 

番外編:魔法少女禁止法 by 伊藤ヒロ


魔法少女禁止法1

 魔法少女が禁止された世界で起こる陰謀と騒動を描いた伊藤ヒロによる作品。世界観やキャラクターは WATCHMEN を強く意識しているものの、魔法少女物らしい思春期のアンバランスな心の動きや派手な戦闘もしっかり描いており、一概にパロディとして馬鹿にできない魅力を放つ。
 当初は一迅社文庫から刊行されていたものの、後に加筆した上で KADOKAWAエンターブレインから新装版が出ており、こちらは続編も出ている模様(あらすじを見る限り魔法少女版 CIVIL WAR といったところか)。
 男の娘の魔法少女が登場するなど時代を先取りしていたフシもある。


 以上が個人的にオススメのスーパーヒーロー系小説作品。興味を唆られた作品が1つでもあれば嬉しい限りだ。
 
 アメコミライターの中には小説界で活躍する人物も多数いるので、今後そんな彼らが手がけた非スーパーヒーロー系作品も記事にしてみようかと思っている。乞うご期待!