VISUAL BULLETS ー今日もアメコミ三昧ー

アメコミに関するニュースやコラム、書評記事などをお届け

雑談:『 THE LONE RANGER 』( DYNAMITE )

ここ数週間プライベートが少々忙しいことになってるため記事の更新が滞っておりますが、私は元気です(定型句)。The Lone Ranger Vol. 3 (2018-) #1 (English Edition)ダイナマイトから刊行されてるローン・レンジャーの新シリーズがとっても当たりでした。と…

何日か前

「#クロスオーバー画像をあげる見た人もやる」というタグをツイッターで見かけたので期待して待機していたのですが、遂にピカチュウのきぐるみを被ったデッドプールの絵を挙げてくれる方はいませんでした。無念。

雑談:CBR.COMのベストワンショット&グラフィックノベル

CBR.COMのベストワンショット&グラフィックノベル

HENSHIN ( IMAGE, 2015 ) + 諸々

今日はちょっと軽めの感想で。

『 CHILLING ADVENTURES OF SABRINA 』( ARCHIE, 2014 )

メリッサ・ジョアン・ハート版のドラマ好きでした。

備忘録:スコット・スナイダー&グレッグ・カプロ@COMIX EXPERIENCE

スコット・スナイダーとグレッグ・カプロが参加したイベント動画の備忘録。

感想『悪魔城ドラキュラ — キャッスルヴァニア — 』シーズン2

面白い。そして、重い。(注:ネタバレを多分に含むので未視聴の方はご注意を)

雑談:『 READ BANNED COMICS 』 ( CBLDF, 2018 )

今回もレビューと言うか雑談ですね。

書評『 COMIC BOOK IMPLOSION: AN ORAL HISTORY OF DC COMICS CIRCA 1978 』( TwoMorrows, 2018 )

先日の『 SLUGFEST: INSIDE THE EPIC 50-YEAR BATTLE BETWEEN MARVEL AND DC 』でもちらっと触れられていた『 DC IMPLOSION 』事件、その実態に迫るノンフィクション書籍。 ウチに届いたのと同じ日にジェフ・レミーアが本書についてツイートしてちょっと鼻息…

『 FINALITY 』

www.webtoons.com LINEのコミック配信サイト LINE WEBTOON にてウォーレン・エリスとコリーン・ドーランの『 FINALITY 』が配信中。現在第4話まで公開されております。 連れ戻された名探偵。常軌を逸した殺人。息をするように吐かれる暴言。 いつものエリス…

雑記:寄せ集め

最近思ったことをつらつらと。 *『 HEROES IN CRISIS 』#1のネタバレを若干含みます。

レビュー:『 JOURNEY INTO MYSTERY: THE BIRTH OF KRAKOA 』

ニック・フューリーとクラコアを組み合わせたら、あの特撮ホラーになりました。

雑談:『 ISLAND 』を観て

『 ISLAND 』というアニメを観ました。

『 HEROES IN CRISIS 』#1 ネタバレなし感想

DC

ネタバレなしの感想

雑談:『 UMAMI 』

『 UMAMI 』がシーズンフィナーレを迎えたそうで。

没ネタ

『魔法はつづく』の記事で「続きものより短編とかの方が好き」とかって書いたので、それに絡めて『オススメのワンショット○選!』みたいな記事を準備していたのですが、 CBR.COM に先を越されてしまったのでネタかぶりを避け泣く泣くお蔵入り決定……。 ほとぼ…

PLUTONA (IMAGE) (2016)

コミックならではの演出を施した意欲作。

魔法はつづく (LEED Cafe comics) (2018)

わかってる。言いたいことはわかってる。 これ、アメコミじゃねえし。日本の漫画だし。 わかってますとも。

アメコミ雑記: ”コミックスゲート”について

最近あちこちで話題になっている「コミックスゲート」について。

4 KIDS WALK INTO A BANK (BLACK MASK STUDIOS, 2016 - 17)

変化球のようで直球。実験作のようでエンターテイメント。 個人的にはここ数年で1,2を争う秀作。

近況報告

更新が停滞してしばらく経つので一応、生存報告をしておこうと思い。

コミックエッセイ:アメコミと日本漫画の違い?

ブログにも上げました。コメント付き。

コミックエッセイ:アメコミキャラの死と復活

漫画にしてみました。手書きなので多少お見苦しいところもありますがご容赦ください。 追記:文字をパソで打ち直すなどちょっと弄ったバージョンも載せました。

書評: 「Slugfest: Inside the Epic 50-Year Battle Between Marvel and DC」 by Reed Tucker

DC とマーベルというスーパーヒーローコミック業界における2大出版社の対立、その歴史を記したノンフィクション。

おしらせ: 記事の削除

誠に勝手ながら個人的な事情により主に6月から7月にかけて掲載したニュース系記事を一斉削除致しました。申し訳ありません。ご理解の程何卒よろしくお願い致します。

おしらせ: 私用により

1日あるいは数日更新が滞るかもしれません。 書き溜めたレビューやコラムは放出するかもですが、ニュース記事みたいなものは多分上げられないかと思います。悪しからず。

アメコミ雑記:サンディエゴ・コミコン2018を振り返って

今年も無事サンディエゴ・コミコンが終了したので、振り返って感想をつらつらと。

いよいよ開催!サンディエゴ・コミコン2018の10大予想

開催直前!サンディエゴ・コミコン2018で発表されそうなコミックニュースを大胆予想!

アメコミ小話: ハワードはいかにしてマーベルを逃れたか!?

以前別の記事で言及した「ハワード・ザ・ダックが生みの親の手によりマーベルから脱出することに成功した」というエピソード。

書評: THE WONDERFUL WIZARD OF OZ (MARVEL, 2005)

誰もが知る名作。